肥料業界の世界市場シェアの分析

肥料業界の世界シェア、売上高ランキング、市場規模と業界再編の情報を分析しています。ニュートリエン、ヤラ、アグリウム、モザイク、ウラルカリー、イスラエルケミカルズ等世界大手の肥料メーカー動向も掲載しています。

市場シェア

「肥料会社の世界売上高ランキング(2020年版)」の売上高の情報を分子に、2019年の肥料業界の市場規模を分母に世界市場シェアを計算すると、1位はカナダのニュートリエン、2位はノルウェーのヤラ・インターナショナル、3位は米国のモザイクとなっています。

1位 ニュートリエン 11%
2位 ヤラ 7%
3位 モザイク 5%
4位 ユーロケム 3%
5位 OCP 3%
6位 イスラエルケミカルズ 3%
7位 CFインダストリーズ 3%
8位 フォスアグロ 2%
9位 ウラルカリ 2%
10位 OCI 1%
11位 KプラスS 1%

ニュートリエンはポタシュとアグリウムが経営統合して誕生した会社で、トップ3の中でも頭一つ抜き出た存在です。4位のユーロケムはスイスに本拠を置きますが、ロシア系の資本が大株主となっています。5位はモロッコ政府系のOCPです。6位はイスラエルのイスラエルケミカルズです。死海とネゲブ砂漠で肥料原料を採取できる強みがあります。7位は米国のCFインダストリーズ、8位はロシアのフォスアグロ、9位はウクライナのウラルカリとなっています。作物価格等のマクロ経済の影響をうけるものの、農作物への需要が今後の世界人口とともに増加することが見込まれ、肥料業界は成長市場であるといえます。

市場規模

当サイトでは、各種公表情報を参照にして、2019年の肥料業界の世界市場規模を1779億ドルとして市場シェアを計算しております。参照にした情報は以下の通りです。ワールドファーティライザーよると、2019年の同業界の市場規模は1558億ドルで2024年までに年平均3.8%の成長を見込みます。グローバルマーケットインサイツによると、2019年の同市場は2000億ドルを見込み、2020~2026年で2.3%の年平均成長率を見込みます。日本の肥料市場の規模は経済産業省によれば概ね3、000億円から4,000億円程度で推移していますが、生産者の高齢化と作付けの減少で需要は減少しつつあります。

肥料の基礎知識

肥料の3大要素は、リン酸(phosphate)、カリ(Potash、Kalium)、窒素(nitrogen)。五大要素は、リン酸、カリウム、窒素に加えカルシウムとマグネシウムです。茎や幹の成長の要素となるカリウムはカナダとロシアが一大産地(世界生産量の7割超)となっており、カナダの肥料会社やロシアの肥料会社が強い背景にもなっています。一方で、リン酸も産地が米国、中国、モロッコ、ブラジル等に産地が限定されています。

肥料は、原料となるリン酸、カリウム、窒素を配合して作るため、加工における技術は余り必要としません。また、肥料のコストに占める原料の割合が非常に高く、リンやカリウム等の主要原料を押さえているかが競争優位の源泉となります。日本の肥料会社は、原料を輸入に頼っており、肥料原料の価格変動等の影響等を大きく受けてしまいます。

業界の再編

業界再編を通じて、肥料大手各社は得意とする肥料要素へのフォーカスを強めています。窒素はCFインダストリーズが業界再編を通じてヤラ・インターナショナルと首位を競っています。カリウムの分野ではポタッシュがアグリウムを買収して首位固めをしています。リンの分野ではモザイクがヴァーレの肥料部門を買収し大手となっています。

肥料業界の再編の時系列
  • 2004年
    ノルスクハイドロが肥料部門をヤラ・インターナショナルとして分社化
  • 2004年
    化学肥料メーカー大手のIMCとカーギルの肥料部門が経営統合してモザイクが誕生

  • 2013年
    モザイクがCFインダストリーズからにリン酸塩事業を買収

  • 2015年
    片倉チッカリンとコープケミカルが経営統合し片倉コープケミカルが誕生
  • 2015年
    CFインダストリーズによるOCIの肥料事業の買収を発表(その後断念)
  • 2016年
    ポタシュによるアグリウム買収、ニュートリエンの誕生
  • 2016年
    モザイクがブラジルの資源大手ヴァーレから肥料事業を買収

業界関連書籍
窒素固定の科学
よくわかる 土と肥料のハンドブック
肥料になった鉱物の物語―グアノ、チリ硝石、カリ鉱石、リン鉱石の光と影

コメント

タイトルとURLをコピーしました