自動運転技術に強いWaymo(ウェイモ)の資金調達の推移

Waymo(ウェイモ)は2009年に設立された自動運転技術の開発会社です。グーグル(アルファベット)の子会社です。日産、ルノー、三菱自動車、フィアットクライスラー、ボルボなどと自動運転分野で提携しています。

自動運転の市場規模

2019年の自動運転の市場規模は18.2億ドルです。2027年にかけて年平均3.3%での成長を見込みます。モードーインテリジェンスによると、2020年の同市場規模は19.5億ドルです。2026年にかけて18%での成長を見込んでします。⇒参照したデータの詳細情報

投資ステージ

資金調達の主要マイルストーン

  • 2020年
    シリーズA

    32億ドルを調達しました。主な投資家は、シルバーレイク、CPPI、ムバダラ、マグナ、Andersen Horowitz、オートネーション、アルファベットです。

自動運転の競合状況

GM Cruise(GMクルーズ)
2016年にスタートアップのクルーズを買収してGMが参入しました。ホンダと提携しています。

フォード
VWと自動運転分野で包括提携をしています。

インテル
2017年に買収したモービルアイと協働して自動運転分野に参入しています。BMWと提携しています。

ダイムラー
自動運分野ではボッシュと協働しています。

Baidu(バイドゥ)
アポロ計画に基づきボルボなどと組んで自動運転分野を強化しています。

Amazon
自動運転開発のZooxを2020年に買収しました。

May Mobility
2017年に創業された自動運転開発会社です。2019年にトヨタ自動車がリードのもと、50百万ドルの資金調達をSPARXグループ、Millenniumテクノロジーズ、Value Partners、Cyrus Capital Partners、BMW iVenturesなどから行なっています。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。