Webサイト翻訳サービス業界のカオスマップ

Webサイトを多言語で翻訳するサービスを展開する企業のカオスマップと資金調達額ベースの市場シェアを分析しています。グローバルで展開を目指す企業にとって、提供する製品やサービスの現地言語でのWebサイト構築は必須になってきています。

今までは、翻訳を行う企業などが都度サイトの翻訳を手掛けていましたが、機械翻訳の普及や精度の向上もあり、Webサイトを一括して翻訳、レイアウトの調整や言語毎の検索エンジン向けの最適化などを一貫して提供する企業が成長しつつあります。
Lokalise、Weglot、MotionPoint、WOVN TechnologiesといったWebサイトの翻訳サービス提供会社の概要も掲載しています。

カオスマップ

Webサイトの翻訳サービス分野での直近投資ラウンドでの資金調達額(縦軸)とシリーズラウンド(横軸)でマッピングした業界マップ(カオスマップ)を作成すると以下の通りとなります。円の大きさは資金調達累計額となります。またIPOをした会社の場合は、直近1年間の資本金及び資本準備金の増減と合計を直近の資金調達額と資金調達累計額とみなしております。

Webサイトの翻訳サービス分野では、シリーズ前半の資金調達が続きます。海外ではLokalise、Weglotなどがシリーズ前半では比較的大規模の調達に成功しています。日本からはWOVN Technologiesが先行しています。上記会社の資金調達累計額は、本ページの更新日時点で約162百万ドルとなっております。

WEB翻訳 業界マップ(2022年10月)
WEB翻訳 業界マップ(2022年10月)

市場シェアランキング

Webサイトの翻訳サービス提供会社の資金調達累計額を分子に、上述したWebサイトの翻訳サービス業界全体の資金調達額を分母にして、資金調達額シェアを計算し、ランキング化すると、1位はLokaliseとなります。

Webサイトの翻訳サービス提供会社の市場シェアランキング(資金調達累計額ベース)

順位会社名市場シェア
1位Lokalise34.5%
2位Weglot31.1%
3位WOVN Technologies29.5%
4位MotionPoint4.9%
Webサイトの翻訳サービス提供会社の市場シェアランキング(資金調達累計額ベース)

Webサイト翻訳サービス提供会社の資金調達額シェア
Webサイト翻訳サービス提供会社の資金調達額シェア

市場規模

調査会社のグローバルマーケットインサイツによると、Webサイト翻訳サービスも含む機械翻訳業界の2021年の市場規模は800百万ドルです。2030年にかけて年平均30%での成長し、同年には75億ドルへと規模が拡大することが見込まれます。⇒参照したデータの詳細情報

さらに業界に詳しくなるためのお薦め書籍と関連サイト

Webサイトの翻訳サービス提供会社の概要

Lokalise ローカライズ
本社所在地: 米国
設立年: 2016年
創業者: Stephane Germain(創業者CEO)
モバイルアプリケーションおよびWebサイトの言語ローカライズサービスを提供しています。共同翻訳や翻訳品質保証などにも対応しています。

Weglot
本社所在地: フランス
設立年: 2015年
創業者: Augustin Prot
APIベースのウェブサイト翻訳ソリューションのプロバイダーです。Webサイトの統合による自動翻訳と、プロフェッショナルな翻訳を特徴としています。

MotionPoint モーションポイント
本社所在地: 米国
設立年: 2000年
創業者: Stewart Padveen
企業向けWebサイトローカリゼーションのために翻訳やデザインといったソリューションを提供しています。

WOVN Technologies
本社所在地:
設立年:
創業者:
Web サイト多言語化ソリューション「WOVN.io」、アプリ多言語化ソリューション「WOVN.app」の開発・運営を行っています。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。