時計業界の世界市場シェアの分析

時計業界の世界市場シェアと市場規模の分析をしています。アップルウォッチ、スウォッチ、ロレックス、フォッシル、セイコー等世界大手の時計メーカーの動向も掲載しています。

世界市場シェア

最新業界別売上高世界ランキング第4巻」に記載の時計メーカー各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、以下の順位となります。

1位 アップル 21.4%
2位 スウォッチグループ 12.0%
3位 ロレックス 7.4%
4位 L VMH 6.7%
5位 リシュモン 4.5%
6位 フォッシル 3.1%
7位 シチズン 1.9%
8位 セイコー 1.8%

2019年の時計業界の市場シェア1位は米国のアップルとなります。アップルウォッチによって一気に時計業界の1位に上り詰めました。2位はスイスのスウォッチグループです。3位はロレックスとなりました。

市場規模

調査会社のマーケットウォッチによれば、2020年の腕時計の市場規模は573億ドルです。2021年から2026年までに6.2%での成長を見込みます。調査会社のスタティスタによれば、2019年1236億ドルです。当サイトでは、市場シェアを計算するにあたり、腕時計の市場規模を700億ドルとしています。

時計の種類
時計のムーブメントには大きく分けて機械式とクオーツ(水晶振動子)式に分かれます。機械式の動力はゼンマイ(ゼンマイ時計と言われる場合がおおいです。)、クオーツの場合は電池となります。さらにクオーツでも文字盤に針があるアナログウォッチと電子的な表示であるデジタルウォッチに分かれます。さらに近年はスマホと連動したスマートウォッチもカテゴリーとして成長しています。

世界の大手時計メーカーの動向

Swatch Group(スウォッチグループ)
スイスの世界最大の腕時計メーカー。オメガ(OMEGA)、ロンジン(Longines)、ハミルトン(Hamilton)、ブレゲ(Breguet)等のブランドを有しています。時計の機関部品であるムーブメントはエタ・エス・アー・マニュファクテュール・オルロジェール・スイス(ETA SA Manufacture Horlogère Suisse)より調達しています。

Richemont(リシュモン)
リシュモン(フランス語:Compagnie Financière Richemont SA)は、スイスを本拠地とする企業グループです。南アフリカのレンブラントグループより高級ブランド事業が分社化され誕生しました。時計ブランドとしては、Cartier (カルティエ)、Piaget (ピアジェ)、世界三大高級時計のVacheron & Constantin(ヴァシュロン・コンスタンタン)、IWC 、Jaeger Lecoultre(ジャガー・ルクルト)などがあります。

Rolex(ロレックス)
1881年にハンス・ウィルスドルフ (Hans Wilsdorf)氏によって創業された高級腕時計メーカーです。現在も「ハンス・ウィルスドルフ財団」によって運営されている非公開企業です。ムーブメントからケースまでの一貫生産体制を誇るマニュファクチュールです。ロレックスブランドは強力。チュードル (Tudor)ブランドの時計も販売しています。

Fossil (フォッシル)
米国に本拠を置く時計・アクセサリーメーカーです。Fossil、Relic、Abacus等のブランドで展開しています。Adidas、 Emporio Armani、Burberry、DKNY等ブランドの時計もOEM生産を行っています。ナスダック証券取引所に上場しています。

LVMH

1987年にルイ・ヴィトンとモエ・ヘネシーが合併して誕生した世界最大級の仏高級ブランド会社です。高級ブランド業界では圧倒的な存在感を示しており、バッグ、アパレル、ジュエリー、化粧品、ワイン等多面的な展開しています。Bernard Arnault氏が支配するChristian Dior(クリスチャン・ディオール)を通じて議決権のほぼ過半を所有しています。主要なブランドには、仏ファッションブランドのLouis Vuitton (ルイ・ヴィトン)、スペインのレザーブランドのLOEWE (ロエベ)、仏ファッションブランドのCELINE (セリーヌ)、高田賢三が生み出したファッションブランドのKENZO (ケンゾー)、伊ラグジュアリブランドのEMILIO PUCCI (エミリオ・プッチ)、仏高級靴メーカーのBerluti (ベルルッティ)、仏ファッションブランドのChristian Dior (クリスチャン・ディオール)、伊ファッションブランドのFENDI (フェンディ)、仏ファッションブランドのGIVENCHY (ジバンシー)、米ファッションブランドのDonna Karan (ダナ・キャラン)、時計ブランドのTAG HEUER (タグ・ホイヤー)、FRED (フレッド)、ZENITH (ゼニス)、仏ジュエリーブランドのChaumet (ショーメ)、伊ブランドのBVLGARI(ブルガリ)が含まれます。

ワインや蒸留酒といった酒類系ではのDom Pérignon (ドン・ペリニヨン)、Moet & Chandon (モエ・エ・シャンドン)、Krug (クリュッグ)、Hennessy (ヘネシー)、Veuve Clicquot Ponsardin (ヴーヴ・クリコ)が有名です。

主要香水ブランドには、Dior / Parfums Christian Dior (ディオール/パルファン・クリスチャン・ディオール)、GUERLAIN (ゲラン)、BeneFit (ベネフィット)、LAFLACHERE (ラフラシェール)、ACQUA DI PARMA (アックア・ディ・パルマ)、MAKE UP FOR EVER (メイクアップフォーエバー)、Parfums GIVENCHY (パルファム・ジバンシィ)、KENZO Parfums (ケンゾー・パルファム)、Perfumes Loewe (ロエベ/パフュームス・ローウェ)等があります。

リテール分野では、DFSギャラリアにて世界展開しています。DFSは1960年に設立された香港に本拠を置く免税店世界大手で、現在はLVMHグループ傘下にあります。

特に革製品、シャンパンの分野では世界大手です。

2019年の売上高構成は以下の通りです。
ファッション:41%
リテール(DFS等):28%
香水・化粧品:13%
ワイン・蒸留酒:10%
時計・宝石:8%

主要株主はArnault家となり、議決権ベースでは過半を保有しております。

2009年 170(19.7%)
2010年 203(21.3%)
2011年 236(22.2%)
2012年 281(21.1%)
2013年 291(20.7%)
2014年 306(18.7%)
2015年 356(18.6%)
2016年 376(18.7%)
2017年 426(19.5%)
2018年 468(21.3%)
2019年 536(21.4%)

 

アップル
米国本拠を置くPC、タブレット、スマホ、スマートウォッチ、イヤホンなどのメーカーです。時計分野ではスマホ連動型のスマートウォッチで事業を拡大しています。

世界三大高級時計メーカーと日本勢

独立系ではPatek Philippe(パテック・フィリップ)とAudemars Piguet(オーデマ・ピゲ)、Richemont(リシュモン)傘下のVacheron & Constantin(ヴァシュロン・コンスタンタン)が世界の三大高級時計メーカーと言われています。

シチズン、セイコー、カシオが日本の三大有力時計会社です。特にシチズンはM&Aを通じて得意でない価格帯の時計事業を買収し、総合時計メーカーとしてグローバル展開を図っています。

日本の大手時計メーカーシチズンの買収
2010年 米国の時計メーカーBulova Corporation(ブローバ)を買収
2012年 スイスの時計メーカーProthor Holding SA(プロサーホールディング)を買収
2016年 スイスの時計メーカーのフレデリック・コンスタントホールディングを買収

時計関連の用語集

マニュファクチュール:
時計内の歯車等のムーブメントから時計ケースまでを製造する時計メーカーの総称。時計のガラス、針、文字盤、ベルトの製造は通常含まれません。代表的なマニュファクチュールとして、ロレックス、ゼニス、セイコー、パテックフィリップ等があげれます。

ムーブメント:
時計の動力部分を構成する機械の総称。腕時計の内ぶたを開けると見えます。

水晶振動子:
水晶には圧力を加えると電気を帯びる性質(圧電現象)があり、その性質を利用し、一定の周波数を生み出す素子を水晶振動子といいます。安定した周波数によって時計が時刻を正確に刻むことができます。

主要な業界団体

Federation of the Swiss watch industry FH
一般社団法人 日本時計協会 (JCWA)
一般社団法人 日本時計輸入協会

業界関連図書
ロレックス神話
やさしい水晶のおはなし―水晶デバイス開発・企業化における先達の足跡

コメント

タイトルとURLをコピーしました