自動販売機業界の世界市場シェアの分析

自動販売機業界の世界市場シェアや市場規模の情報について分析をしています。クレーンや富士電機等世界大手自動販売機メーカーの動向も掲載しています。

自動販売機業界の世界市場シェア(2019年)

最新業界別売上高世界ランキング第8巻」に記載の自動販売機メーカー各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の自動販売機業界の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はクレーン、2位はエボカ、3位は富士電機となります。

1位 クレーン 19.4%
2位 エボカ 8.1%
3位 富士電機 8.0%

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、自動販売機メーカー業界の2019年の世界市場規模を62億ドルとして市場シェアを計算しております。参照にしたデータは以下の通りです。調査会社のバリュエーツレポートによると、2019年の同業界の市場規模は62億ドルです。2026年にかけて年平均2.9%で成長をしています。調査会社のグランドビューリサーチによると、同市場規模は303億ドルです。2025年にかけて9.4%での成長を見込みます。調査会社のリサーチアンドマーケッツによると、同市場は2023年までに54億ドルまで拡大すると見込んでいます。

世界の主要な自動販売機メーカーの一覧

Crane(クレーン)

米国に本拠を置く世界最大級の大手自動販売機メーカーです。自動販売機に加え航空宇宙や流体取扱(バルブやポンプなど)関連の事業も展開するコングロマリットです。2014年に日本の紙幣・硬貨読取機械大手のMEIコンラックスを買収し、更なる事業拡大を目指しています。

Evoca(エボカ)

イタリアに本拠を置くコーヒーのベンディングマシーン大手です。コーヒーメーカーも展開しています。

Royal Vendors(ロイヤル・ベンダーズ)

米国に本拠を置く大手自動販売機メーカーです。コカ・コーラやドクターペッパー・スナップルグループ、ペプシ等が主要は販売先です。

Azkoyen(アズコーエン)

1945年に設立されたスペインに本拠を置く自動販売機メーカーです。セキュリティ関連の事業も手掛けています。

富士電機

日本を代表する大手重電メーカーの一角です。飲料向け自動販売機では日本最大手です。日本国内ではパナソニック、サンデン、たばこ販売機に強いグローリー、券売機に強いオムロンと競合しています。

業界関連書籍
自動販売機―世界に誇る普及と技術

業界団体の一覧
European Vending Association
日本自動販売協会
National Automatic Merchandising Association

コメント

タイトルとURLをコピーしました