トランクルーム業界の世界市場シェアの分析

トランクルーム業界の世界市場シェアと市場規模について分析しています。業界大手企業であるパブリックストレージ、エクストラスペースストレージ、アメルコ、スマートキューブ、セーフストア、ライフストレージ、キュラーズの概要や動向についても掲載しています。

市場シェア

トランクルーム運営各社の2020年度の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2020年の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はアルメコとなります。

トランクルーム運営会社の市場シェアと業界ランキング(2020年)

順位会社名市場シェア(2020年)
1位アメルコ10.3%
2位パブリックストレージ7.1%
3位エクストラスペースストレージ3.2%
4位キューブスマート1.6%
5位ライフストレージ1.3%
6位セーフストア0.6%
トランクルーム運営会社の市場シェアと業界ランキング(2020年)©ディールラボ

トランクルーム業界の世界シェア(2020年)
トランクルーム業界の世界シェア(2020年)

市場規模

当サイトでは、各調査会社等の公表データを参考にし、トランクルーム業界の2020年の世界市場規模を407億ドルとして市場シェアを計算しております。参照にしたデータは以下の通りです。
調査会社のモルドールインテリジェンスによると、2020年の同市場規模は407億ドルです。2026年まで年平均4.8%の成長を見込みます。
調査会社のスタティスタによると、2018年の同市場規模は373億ドルです。⇒参照したデータの詳細情報

業界M&A

2004年 セーフストアホールディングスによるMentmoreの買収
2005年 エクストラスペースストレージによるGEコマーシャルファイナンスからのストレージUSAの買収
2006年 パブリックストレージによるShurgard Storageの買収
2015年 エクストラスペースストレージによるSmartStop Self Storageの買収
2017年 セーフストアホールディングスによるAlligator SelfStorageの買収
2020年 ブラックストーンがオーストラリアのFort Knox Self Storageを買収

業界大手の動向

Public Storage (パブリックストレージ)

1970年代に米国カリフォルニアに設立された個人向けトランクルームリース会社です。2006年に欧州での事業展開に特徴があったShurgard Storageを買収し、北米と欧州に強い基盤を有しています。

Extra Space Storage(エクストラスペースストレージ)

米国に本拠をおくトランクルーム運営会社です。2005年のストレージUSAや2015年のSmartStopの買収など、買収を通じた積極的な事業展開をしています。

AMERCO(アメルコ)

米国に本拠をおく持株会社で、子会社のU-Haul International(Uホールインターナショナル)を通じて、トラックリース、引越サービス、トランクルースのレンタルを行う会社です。Shoenファミリーが最大の株主です。トラックリース分野では、バジェット(Budget)やペンスキー(Penske)と競合をしています。

Safestore Holdings(セーフストアホールディングス)

1998年に設立されたイギリスに本拠をおくトランクルームの運営会社です。欧州を中心に買収にて事業を拡大しております。

CubeSmart(キューブスマート)

米国に本拠を置くトランクルームの運営会社です。空調設備の整ったセルフストレージを提供しています。

キュラーズ

日本でトランクルーム事業を展開しています。日本での競合にはエリアリンク、ライゼボックス、寺田倉庫、加瀬倉庫などが挙げられます。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。