映画制作業界の世界市場シェアの分析

映画制作業界の世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。ワーナー、フォックス、ソニーピクチャーズ、ユニバーサル、パラマウント等世界の主要な映画会社の動向も掲載しています。

世界市場シェア

最新業界別売上高世界ランキング第6巻」に記載の映画会社各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はウォルト・ディズニー、2位はソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、3位はユニバーサル・ピクチャーズとなります。

1位  ウォルト・ディズニー 8.5%
2位  ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 7.2%
3位 ユニバーサル・ピクチャーズ 5.0%
4位  ワーナー・ブラザース 4.6%
5位  パラマウント・ピクチャーズ 2.3%

映画会社の世界市場シェアランキングによれば、世界シェア・ランキング1位はワーナーブブラザーズ社となっております。

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、映画会社業界の2019年の世界市場規模を1300億ドルとして市場シェアを計算しております。参考したデータは以下の通りです。調査会社のアイビスワールドによれば、2018年の同業界の市場規模は1360億ドルです。業界団体であるモーションピクチャーアソシエーションの発表では、2019年の同業界の規模は1010億ドルです。

世界の主要な映画会社の動向

Warner Bros. (ワーナー・ブラザース)
米国に本拠を置く世界大手のテレビ・映画・ゲーム製作・配給会社です。米のメディアコングロマリットであるCNNグループのタイム・ワーナー社の傘下でしたが、2016年にAT&Tがタイムワーナー社の買収しました。2017年に出版大手のタイムを同業のメレディスが買収しております。

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(Sony Pictures)
ソニーの子会社の映画製作・配給会社です。ソニーが1989年にコカコーラ社よりコロンビア・ピクチャーズ・エンタテインメントを買収して誕生しました。

Walt Disney( ウォルト・ディズニー)
ミッキーマウスやディズニーランドで有名です。ディズニー映画は圧倒的な人気を保ち、映画配給の分野でも大手です。4大テレビ放送局のABCもグループ会社です。2017年にFox Entertainment(フォックス・エンターテイメント)を含む21世紀フォックス社の買収をしました。

Fox Entertainment(フォックス・エンターテイメント)
Rupert Murdoch氏率いるメディアコングロマリットである21st Century Fox社傘下の映画製作・配給会社です。21st Century Fox社は2013年のNews Corpから会社分割を経て誕生しました。FOXコーポレーションはアメリカの4大テレビ局の1社です。2017年にウォルト・ディズニーが21世紀フォックス社を買収しました。

Universal Pictures(ユニバーサル・ピクチャーズ)
米国に本拠を置く映画大手です。ケーブル会社大手のコムキャスト傘下にあります。グループ会社には、GE傘下にあった米4大テレビ局のNBCユニバーサル等があります。

Paramount Pictures(パラマウント・ピクチャーズ)
米国のメディア大手バイアコムCBS傘下の映画制作・配給会社です。兄弟会社に米4大テレビ局のCBSやMTV等があります。Sumner Redstone氏率いるNational AmusementsがバイアコムやCBSの実質オーナーとなっております。

業界関連書籍
映画業界最前線物語―君はこれでも映画をめざすのか
世界のエンタメ業界地図2013年版<世界のエンタメ業界地図>