AT&Tの世界市場シェアと事業構成の分析

AT&Tは、米国最大級の電話会社です。電話を開発したグラハム・ベルによって設立された世界初の電話会社の流れをくみます。長距離と地域電話会社(ベビーベル)への分割後、ベビーベルの1社のSBCコミュニケーションが買収後AT&Tへと社名を変更しました。携帯分野はAT&Tモビリティが担当しています。ルーセントテクノロジーやリバティメディア等はもともとAT&Tより派生した会社群です。2014年に衛星通信テレビDirecTVを、2016年にタイムワーナーを買収しメディア事業を強化しています。

売上構成

AT&Tの2020年度売上構成

AT&Tの2020年度売上構成©ディールラボ

セグメント別の事業内容

セグメント製品サービス
通信無線接続
OTT
ブロードバンド
固定電話
IP通信
ワーナーメディアテレビ放映
有料テレビ
HBOストリーミング
映画製作(ワーナーブラザーズ)
南米衛星通信
無線接続
©同社資料よりディールラボ作成

AT&Tの製品サービス別の世界市場シェアが掲載されているページ

市場シェア

映画制作業界の世界市場シェアの分析

映画制作業界の世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。ワーナー、フォックス、ソニーピクチャーズ、ユニバーサル、パラマウント等世界の主要な映画会社の動向も掲載しています。
2021.04.01
市場シェア

電話・移動体通信・テレコム業界の世界市場シェアの分析

通信テレコム業界(電話会社、携帯電話キャリア、移動体通信)の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。AT&T、チャイナモバイル、ボーダフォン、アメリカモビル、テレフォニカ等主要通信キャリア概略も掲載しています。
2021.02.28