乳製品業界

乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルト・バター)業界の世界市場シェア、市場規模、再編について分析をしています。ダノン、ラクタリス、フォンテラ等の世界大手乳製品メーカーの動向も掲載しています。

市場シェア

「乳製品メーカーの世界売上高ランキングの分析(2020年版)」に記載されている各社の売上高を分子に、市場規模を分母にして、2019年の乳製品業界の世界市場シェアを簡易に算出すると、1位はLactalis(ラクタリス)の3.4%、2位はDanone(ダノン)の2.4%、3位はDairy Farmers of America(デイリー・ファーマーズ・オブ・アメリカの2.6%となります。

乳製品業界シェア
  • 1位    Lactalis(ラクタリス)    3.4%
  • 2位    Danone(ダノン)    2.4%
  • 3位    Dairy Farmers of America(デイリー・ファーマーズ・オブ・アメリカ)    2.6%
  • 4位    Nestlé(ネスレ)    2.3%
  • 5位    Fonterra(フォンテラ    )2.1%
  • 6位    FrieslandCampina(フリーズランドカンピナ)    2.1%
  • 7位    Arla Foods(アーラフーズ)    1.9%
  • 8位    Yili(伊利集団)    1.9%
  • 9位    Saputo(サプート)    1.8%
  • 10位    メンニュウ乳業(Mengjiu Dairy)    1.8%
  • 11位    Dean Foods(ディーンフーズ)    1.3%
  • 12位    DMK    1.1%
  • 13位    Sodiaal(ソディアール)    0.9%
  • 14位    Agropur(アグロプール)    0.9%
  • 15位    Schreiber Foods(シュレイバー・フーズ)    0.9%
  • 16位    明治ホールディングス    0.5%

乳製品業界の売上高ランキング上位は、ここ数年大きな変化はありません。金額ベースでみると、フランスのラクタリスが最大です。2位は同じくフランスのダノン、3位は米国の全国乳業販売協同組合であるDFA(デイリー・ファーマーズ・オブ・アメリカ)です。飲料のジャイアントであるスイスのネスレは4位となっています。5位は、ニュージーランドのフォンテラ、6位はオランダの農協系グループであるフリーズランドカンピナです。9位は中国の乳製品最大手である伊利集団となります。ただし、上位8社でも市場シェアは約20%程度と推測され、乳製品という性質(痛みが早い、ヨーグルト等型崩れする)から、地域ごとに強い乳製品メーカーが存在感を示しているという構図が見て取れます。

市場規模

調査会社のimarcによれば、2019年の乳製品業界の市場規模は7189億ドルです。(The global dairy market reached a value of US$ 718.9 Billion in 2019)調査会社のMeticulous Researcによれば、2019年から年平均5.2%の成長率で2025年までに乳製品業界の市場規模は6458億ドルになると予測されており、逆算すると2019年の市場規模は4768億ドルとなります。上記の情報をもとに、当サイトでは、市場シェア算出にあたり、同業界の市場規模を6000億ドルとしております。なお、乳製品には、牛乳をはじめとして、チーズ、バター、クリームやヨーグルトが含まれます。雪印メグミルクによれば、2017年の世界の乳製品消費量は約8億トンとなっています。アジア・オセアニアが最大規模で、欧州・北米と続きます。2003年は約6億トンでしたので、年率平均約2%の成長を遂げていると言えます。

再編の歴史

  • 2007年 ダノンによるオランダの乳製品会社のRoyal Numicoの買収
  • 2011年 ラクタリスによるイタリア乳業メーカーParmalat社の買収
  • 2013年 中国蒙牛乳業(China Mengniu Dairy)による中国の粉ミルクメーカー雅士利国際(Yashili)の買収
  • 2013年 カナダのサプートによる豪ワーナンプールの買収
  • 2013年 ラクタリスによるインドの乳業メーカーTirumala Milk社の買収
  • 2014年 ダノンによるモロッコの乳製品メーカー大手のCentrale Laitière(レチーエル)の買収
  • 2014年 ダノンによる中国蒙牛乳業(China Mengniu Dairy)への出資
  • 2014年 カナダの協同組合AgropurによるDaviscoの買収
  • 2015年 ラクタリスによるトルコの乳製品大手のAK Gidaの買収
  • 2015年 ダノンによる粉ミルクメーカー中国の粉ミルクメーカー雅士利国際(Yashili)への25%出資
  • 2015年 フリーズランドカンピナによるベルギーの チーズメーカーのFabrelac社の買収
  • 2016年 ダノンによるエジプトのチーズメーカーのHalayeb社の買収
  • 2020年 明治による中国の牧場運営会社オーストアジア社の25%株式をインドネシア等で食肉・水産事業を手がけるジャプファ社から買収
  • 2020年 クラフト・ハインツがチーズ事業(売上高18億ドル)の一部をラクタリスに売却

世界の主要な乳製品メーカー

Nestlé(ネスレ)

1866年に薬剤師のアンリ・ネスレ氏によって設立されたスイスに本拠を置く世界最大級の総合食品・飲料メーカーです。食品ではパスタのブイトーニやコンソメのマギー等、飲料ではネスカフェやミロ、乳製品、菓子類ではKitKatやCrunch等のチョコレートのブランドにて世界展開しています。2018年以降、アクティビストファンドであるサードポイントからの要請で、事業ポートフォリオの再構築を急いでいます。2019年には、投資ファンドのEQTパートナーズ、アブダビ投資庁およびPSPインベストメントに、同社のスキンヘルスケア事業の売却を検討を開始しました。スキンヘルス事業は、Proactive(プロアクティブ)やCetaphil(セタフィル)などのにきび防止用の洗顔料、保湿剤などのスキンケア用品などを展開しています。

事業構成

ネスレの商品構成は多岐に亘りますが、主な商品構成によって、以下のように分けられます。ネスレの各商品は、それぞれのカテゴリーで世界シェアが高いことも特徴です。

パスタ事業

著名なマギーとブイトーニのブランドで世界展開しています。スペインのエブロ・フーズやバリラ・グループ等のパスタメーカーとパスタ業界の世界シェア上位を争っています。

菓子・チョコレート事業

KitKatやCrunch等のチョコレートの分野で世界展開しています。ライバルのペプシコやモンデリーズと菓子・チョコレート業界の世界シェア上位を争っています。

ミネラルウォーター・飲料事業

ミネラルウォーターの分野ではヴィッテル、コントレックス、サンペレグリノ等を展開しています。フランスのダノンとの世界シェアの首位争いをしています。飲料分野では、麦芽飲料のミロシリーズを展開しています。

冷凍食品事業

ドレイヤーズやマキシボン等のアイスクリームやストーファーズ等の冷凍食品事業を展開しています。乳製品も含むアイスクリーム分野では世界シェア首位級です。冷凍食品事業の分野でもイグルーやコナグラ等を競合を抑えつつ世界シェア首位級となっています。アイスクリーム業界ではDreyer's等のブランドを有し、世界シェア上位に位置します。

コーヒー事業

インスタントコーヒーのネスカフェ、カプセル式コーヒーメーカー(ネスプレッソ)、Dolce Gusto、コーヒー専用カプセル、Nesquick、ミロ、ブライト等のコーヒー用クリーム等を総合的に展開しています。コーヒー業界の世界シェアはJABホールディングスやチボーを寄せ付けないダントツの一位です。2017年にはプレミアムコーヒー製造やカフェ運営を手掛け、サードウエーブ(第3の波)と称されるコーヒーブルーボトルを、2018年には72億ドルでスターバックスのコーヒーを店舗以外で売る権利を買収しました。コーヒー粉末のネスカフェ、家庭用エスプレッソ機器のネスプレッソに続く成長分野での投資を積極化しています。

ベビーフード事業

ベビーフード分野はCerelac、Gerber、NaturNes、NaturNes等のブランドで展開し、ダノンやミード・ジョンソン等のライバルとともに世界シェア上位に位置します。

ペットフード事業

ペットフードではピュリナワンといった著名ブランドを有しています。ペットフード業界の世界シェアでは米マーズとともに世界首位級です。

調味料とスープ事業

マギーブランドでドレッシングとスープを展開しています。調味料の分野ではユニリーバ、クラフトハインツ等を競合しています。スープの分野ではユニリーバやキャンベルスープ等と競合しています。

ネスレ関連書籍

週刊ダイヤモンド 2016年 10/1 号 [雑誌] (凄いネスレ) [雑誌]

知られざる競争優位

ネスレによる買収案件を時系列でまとめています。ネスレの前身は1866年設立のAnglo-Swiss Condensed Milk Companyと1867年設立のSociéité Anonyme Farine Lactée Henri Nestlé社です。

  • 1960年 イギリス調理用食品のクロス&ブラックウェルを買収
  • 1985年 米国の乳製品大手カーネーション・カンパニーを買収
  • 1988年 イタリアのパスタ大手のブイトーニ・ペルジーナグループを買収
  • 1988年 イギリスの菓子大手ロントリーを買収
  • 1992年 フランスの飲料大手ペリエを買収
  • 1993年 イタリアの冷凍食品のフィニタルジェルを買収
  • 1994年 米国のペットフード会社のアルポを買収
  • 1998年 英国ペットフード会社のSpillers Petfoods(スピラーズ)を買収
  • 2000年 米国栄養バーのPowerbarの買収
  • 2001年 米国アイスクリーム関連のIce Cream Partnersの買収
  • 2001年 米国のペットフード会社のラルストン・ピュリナを買収
  • 2002年 米国冷凍食品のChef America(シェフ アメリカ)の買収
  • 2003年 香港のミネラルウォーターのPower Waterを買収
  • 2004年 フィンランドのバリオから乳製品・アイスクリーム関連事業を買収
  • 2005年 フランスの機能性食品のプロティカを買収
  • 2005年 ドイツの冷凍食品のワグナーを買収
  • 2005年 オーストラリアの機能性飲料のムサシを買収
  • 2006年 米国アイスクリーム関連のDreyer's Grand(ドライヤーズ・グランド)を買収
  • 2006年 米国栄養剤メーカーのJenny Craigを買収
  • 2006年 スイスの医療用栄養剤事業をノバルティスから買収
  • 2007年 米国のベビーフード会社のGerber Products(ガーバー・プロダクツ)を買収
  • 2008年 韓国の飲料会社のプルムウォンウォーターを買収
  • 2010年 米国の冷凍ピザ事業をクラフトフーズから買収
  • 2009年 米国の紅茶大手のスウィートリーフティーを買収
  • 2011年 中国のスナック・キャンディ会社のHsu Fu Chi Internationalを買収
  • 2012年 ファイザーから米国の栄養食事業を買収
  • 2016年 イスラエルの栄養食会社のOsem Investmentへ出資
  • 2017年 プレミアコーヒー大手のブルーボトルを買収
  • 2018年 72億ドルでスターバックスのコーヒーを店舗以外で売る権利を取得

Danone(ダノン)

フランスを代表する大手乳製品メーカーです。ダノンブランドのヨーグルトは特に有名です。エビアンやボルビックといったミネラルウォーター事業も手掛けています。北米の大手豆乳メーカーであるホワイトウェーブを買収しました。アクティビストであるコーベックスマネジメントからの企業価値向上の要請が続き、2020年にはヤクルトとの資本提携を解消しました。

Lactalis(ラクタリス)

フランスの大手乳製品メーカーです。プレジデントやガルバーニといったチーズブランドを世界的に展開しています。 Besnier(ベニエー)一族が支配するファミリーカンパニーです。同社は、75千人の従業員を85カ国で展開し、製造拠点は約230を43カ国に有しております。牛乳、チーズ、ヨーグルト、バター、クリーム、乳成分をバランスよく売り上げているのが特徴です。2020年にクラフト・ハインツからチーズ事業の一部を買収しました。

Dairy Farmers of America(デイリー・ファーマーズ・オブ・アメリカ)

米国の酪農組合です。牛乳の生産量では世界最大級です。

FrieslandCampina(フリーズランドカンピナ)

2008年にCampina(カンピナ)とFriesland Foods(フリーランズ)が統合して誕生したオランダ最大手の乳製品メーカーです。酪農協同組合系の流れを継ぎます。

Fonterra(フォンテラ)

ニュージーランドに本拠を置く酪農協同組合系の乳業メーカーです。生乳生産量はトップクラスです。放牧主体のニュージランドと異なり、中国では畜舎管理が求められるため不振が続いていた中国乳業事業では、2020年に河北省と山西省の7箇所の農場の売却を発表しました。

Arla Foods(アーラフーズ)

デンマークに本拠を置く乳製品メーカーです。スウェーデンのアーラとデンマークのMDフーズが合併して誕生しました。牛乳,、乳飲料、チーズ、バター、マーガリン、脱脂粉乳等の製品に強みを持ちます。

Saputo(サプート)

カナダに本拠を置く乳業大手です。「サプート」「アームストロング」「デイリーランド」等のブランドを展開しています。

Dean Foods(ディーンフーズ)

米国に本拠を置く乳業大手です。ディーン・フーズは米国大手の食品・飲料メーカーです。牛乳、アイスクリーム、発酵乳製品などの製品を「TrueMoo」、「Alta Dena」「バークレイ・ファームズ」、「ランド・オ・レイクス」といったブランドで展開しています。

中国同業の蒙牛乳業(メンニュウ乳業(Mengniu Dairy))

中国の大手乳業メーカーです。牛乳に強みを持ちます。同社は、牛根生氏によって設立され、メラミン事件を経て、2009年にコフコが資本参加、2012年にデンマークのアーラフーズとフランスダノンと資本提携しています。コフコが筆頭株主です。

DMK

ドイツ最大手の酪農協系乳業メーカーです。DMKはDeutsches Milchkontorの略です。2011年に酪農協系であるノルト・ミルヒ社とフマーナ社とが合併して誕生しました。

Yili(伊利集団、Inner Mongolia Yili Industrial Group Co. Ltd)

内蒙古(内モンゴル)に本拠をおきます。アイスクリーム、アイスキャンデー、粉ミルク、粉ミルクティー、ヨーグルト、チーズ等、乳製品を幅広く製造しています。中国内の市場シェアは各製品ともにトップクラスです。主要株主は、香港中央結算、呼和浩特投資が挙げられます。民間企業です。

出所:同社ホームページ

Sodiaal(ソディアール)

フランスに本拠を置く酪農組合です。ヨープレイ(Yoplait)やアントルモン(Entremont)などのブランドを展開しています。チーズの分野では世界4位で乳業大手でもあるSavencia Fromage & Dairy(サヴァンシア フロマージュ&デイリー)と提携しています。

Schreiber Foods(シュレイバー・フーズ)

米国に本拠を置く乳業メーカーです。チーズに強みを持ちます。従業員持ち株会制度を導入し、株主は従業員という形態をとっています。

Müller(ミューラー)

ドイツに本拠を置く乳製品メーカーです。ミューラー家によって運営されています。

Agropur(アグロプール)

カナダに本拠を置く共同組合です。カナダでは最大手です。

日本の乳業メーカー

国内では明治乳業や森永乳業が大手乳業メーカーとして挙げられます。

世界の主要な業界団体

日本酪農乳業協会

一般社団法人全国農協乳業協会

コメント

タイトルとURLをコピーしました