運輸業界でM&Aの対象となる会社の分析

海運分野で今後M&Aの対象となる可能性がある会社

社名:Molslinjen
本社所在地:デンマーク
株主:EQT
1963年に設立されたデンマーク国内でフェリー運航する会社です。

社名:Torghatten
本社所在地:ノルウェー
株主:EQT
1878年に設立されたノルウェーに本拠を置く旅客輸送会社です。フェリー、スピードボート、バス、エアライン会社を運営しています。

社名:NileDutch
本社所在地:オランダ
買収年:1998
株主:NPMキャピタル
NileDutchはロッテルダム港を拠点とするコンテナ海運会社です。欧州やアフリカへの航路に強みを持ちます。NPMキャピタルが買収しました。

社名:OneOcean
本社所在地:イギリス
買収年:2016
株主:エクイストーン
OneOceanは航海データの提供することで効率的な運航管理を可能にします。エクイストーンが買収しました。

社名:Seacor
本社所在地:米国
買収年:2021
株主:アメリカンインダストリアルパートナーズ
Seacorは海運会社です。バルク船運航、港湾管理、船舶保有などを行っています。AIPが買収しました。

空運分野で今後M&Aの対象となる可能性がある会社

社名: Trans Maldivian Airways(トランス・モルディビアン・エアウェイズ)
本社所在地: モルジブ
買収した年: 2021年
現在の株主: カーライルなど
Trans Maldivian Airways(トランス・モルディビアン・エアウェイズ)は世界最大の水上飛行機運航会社です。モルジブ内の諸島を結ぶ航路で水上飛行機を運航しています。

社名:Sun country airlines(サンカントリーエアライン)
本社所在地:米国
買収年:2018年
株主:アポログローバル
Sun country airlines(サンカントリーエアライン)は、米国のミネソタに本拠を置くエアライン会社です。2018年にアポログローバルが買収をしました。

社名:シンガポール航空
本社所在地:シンガポール
株主:テマセク
シンガポール航空はシンガポールを代表するエアライン会社です。テマセクが55%の株式を保有しています。

陸運分野で今後M&Aの対象となる可能性がある会社

社名: SMRT Corporation
本社所在地:シンガポール
現在の株主: テマセク
SMRT Corporationはシンガポールにおける鉄道などの公共交通機関の運営会社です。テマセクが100%の株式を保有しています。

社名: First Student、First Transit
本社所在地:米国
買収年: 2021年
現在の株主: EQT
First StudentとFirst Transitは米国に拠点を置く学校や公共施設への巡回バスを運営するバス運行会社です。EQTがイギリスのFirstGroupより46億ドルで買収しました。