玩具(おもちゃ)業界の世界市場シェアの分析

玩具(おもちゃ)業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。世界大手のマテル、レゴ、ハスブロ、タカラトミー等の主要玩具メーカー概要も掲載しています。

世界市場シェア

「最新業界別売上高世界ランキング第5巻」に記載の玩具メーカー各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年のおもちゃ・玩具市場シェアを簡易に試算しますと、1位はレゴ、2位はマテル、3位はハスブロとなります。

1位 レゴ 6%
2位  マテル 5.1%
3位 ハスブロ 4.7%
4位 バンダイ 2.3%
5位 タカラトミー 1.5%

2017年のおもちゃ・玩具メーカーの売上高世界ランキングでは、世界1位はレゴ、2位はバービー人形や機関車トーマスを擁するマテル、3位はハスブロのおもちゃ御三家がしっかりとトップ3をキープしています。それを追い上げるのが日本勢とタカラトミーとバンダイとなります。

市場規模

調査会社のアドバイザリー&インテリジェンスによれば、2019年度の世界のおもちゃ・玩具市場の規模は1076億ドルです。2020年から2025年に年平均4%で成長し、2025年には1310億ドルの規模になる見込みです。一方、調査会社のマーケットウォッチによれば、2019年の同業界の規模は221億ドルです。当サイトでは、おもちゃ・玩具業界の世界市場シェアを算定するにあたり、1000億ドルと市場規模としております。

世界の主要なおもちゃ・玩具メーカーの動向

Mattel(マテル)
1945年に創業した米国に拠点を置くバービー人形、UNOや機関車トーマスを擁する世界最大の玩具メーカーです。機関車トーマスは商標権を有するHit Entertainmentを2012年に買収する等、近年積極的な買収を行なっています。

LEGO(レゴ)
1932年に創業したデンマークに本拠を置く玩具メーカーです。レゴに注力しています。

Hasbro(ハスブロ)
1923年創業の米国に本拠を置く玩具メーカーです。人生ゲーム、モノポリー、ジェンガ等が主力製品です。

タカラトミー
リカちゃん人形やトミカ等の主力ブランドを擁する日本最大級の玩具メーカーです。

バンダイ
バンダイナムコHD傘下の企業です。戦隊シリーズ、仮面ライダー、ウルトラマン等ライセンス商品に強みを持ちます。

業界再編
2011年 タカラトミーによる米国を中心に機関車トーマスの玩具を展開するRC2の買収
2012年 マテルによる機関車トーマスの版権を保有する英ヒット・エンターテインメントの買収
2013年 ハスブロによるソーシャルゲーム開発会社のバックフリップ・スタジオの買収
2014年 マテルによる組み立て玩具大手のMEGA BRANDS(メガブランド)の買収
2015年 マテルによるに子供用タブレットのFuhuの買収
2019年 ハスブロがカナダのPeppa PigやPJ Masksブランドを擁するエンターテイメントワンを37億ドルで買収

業界団体
Toy Industry Association
一般社団法人 日本玩具協会

業界関連図書

レゴはなぜ世界で愛され続けているのか 最高のブランドを支えるイノベーション7つの真理
大ヒット連発のバンダイナムコが大切にしているたった1つの考え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました