リテール・小売・EC業界でM&Aや再編対象となる会社の分析

スーパーマーケットで今後M&Aが予想される会社

社名:Sonae MC
本社所在地:ポルトガル
出資した年:2021年
現在の株主:CVC(24.99%)
ポルトガルに本拠を置くコングロマリットであるSonaeの食品リテール子会社であるSonae MCへ、CVCがマイノリティ投資を行いました。

社名: Morrisons(モリソンズ)
本社所在地: 英国
買収した年: 2021年
現在の株主: ソフトバンクビジョンファンド
Morrisons(モリソンズ)は英国第4位のスーパーマーケットチェーンです。2021年にソフトバンクビジョンファンドがフォートレス・インベストメント・グループから買収をしました。

社名:Prosol
本社所在地:フランス
現在の株主:アーディアン
Prosol group(プロソルグループ)は、1992年に設立されたフランスに本拠をおく、郊外型スーパーマーケットチェーンです。店舗数は約185店です。アーディアンが買収しました。

社名:The Fresh Market
本社所在地:米国
買収した年:2016年
現在の株主:アポログローバルマネジメント
The Fresh Market(ザフレッシュマーケット)は、北米に本拠を置く生鮮食品スーパーです。2016年にアポログローバルマネジメントが買収をしました。

ドラッグストアで今後M&Aが予想される会社

社名:Xi’an Yikang Pharmacy
本社所在地:中国
出資した年:2021年9月
現在の株主:CVC Capital Partners(CVCキャピタルパートナーズ)
Xi’an Yikang Pharmacyは主に中国北部で展開する薬局チェーンです。モバイルアプリを用いて顧客の囲い込みを行っている等の戦略に特徴があります。CVCキャピタルパートナーズが2021年9月に出資を行いました。
※薬局チェーンが自らのデジタル化を促進するために投資ファンドから出資を得ました。O2OやD2P(Direct to Patient)モデルの構築を目指します。

社名:A.S. Watson
本社所在地:香港
現在の株主:テマセク(25%)
A.S. Watson(ASワトソン)はアジアを中心とした薬局チェーンです。テマセクが25%の株式を保有しています。

コンビニで今後M&Aが予想される会社

社名:Condis Supermercats(コンディス・スーパーマーカッツ)
本社所在地:スペイン
買収した年:2021年8月
現在の株主:Portobello Capital
Condis Supermercats(コンディス・スーパーマーカッツ)は1961年にコンダル・エスクデ兄弟によって設立された食品小売に強みを持つコンビニエンスストアです。バルセロナ地域を中心に展開をしています。Portobello Capitalが買収をしました。家族経営で展開していましたが、中堅企業の成長戦略に強みを持つプライベートエクイティであるPortobello Capitalと組むことで、ガバナンスを強化し、デジタル化等の分野を強化する方針です。

社名:EG Group
本社所在地:イギリス
現在の株主:TDRキャピタル
EG Group(EGグループ)は、英国、フランス、ベネルクス、イタリア、北米でガソリンスタンドに併設するコンビニやファストフード等の店舗を展開するフォアコート・リテイラー(forecourt convenience retailing)です。TDRキャピタルが買収しました。
同社は、2016年にEuropean Forecourt Retail Group (EFR)とEuro Garagesが経営統合をして誕生しました。Esso(エッソ)、BP、Shell(シェル)、Texaco(テキサコ)等のガソリンスタンドで、スターバックス、サブウェイ、カルフール等の店舗を展開しています。2018年には約1000の拠点をエクソン・モービルから買収、クローガーより北米の約760のコンビニエンスストアを買収しています。2017年の売上は約51億ユーロ、営業利益は約170万ユーロとなっています。

社名:Applegreen
本社所在地:イギリス
買収した年:2020年
現在の株主:ブラックストーン
Applegreenは、イギリスに本拠を置くフォアコートコンビニ運営会社です。EV充電器インフラ強化に向けて、2020年にブラックストーンが買収しました。