マグネシウム採掘生産会社の世界市場シェアの分析

マグネシウム業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。イスラエルケミカルズ、山西闻喜銀光鎂業、USマグネシウム、ソブランホワイトインターナショナル、ソリカムスクマグネシウム、リマインダストリアルといった大手ロジウム採掘会社の概要や動向も掲載しております。

市場シェア

マグネシウム生産会社各社の年間採掘生産量(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして、2020年のマグネシウム生産量の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はソブランホワイトインターナショナルとなります。

マグネシウム生産会社の世界市場シェアと業界ランキング(2020年)

順位会社名市場シェア
1位ソブランホワイトインターナショナル10.5%
2位USマグネシウム6.3%
3位山西闻喜銀光鎂業5.0%
4位リマインダストリアル2.0%
5位イスラエルケミカルズ1.8%
6位ソリカムスクマグネシウム0.6%
マグネシウム生産会社の世界市場シェアと業界ランキング(2020年)

マグネシウム業界の世界シェア(2020年)
マグネシウム業界の世界シェア(2020年)

市場規模

アメリカ地質調査所によると、2020年のマグネシウム採掘生産量は1百万トンです。中国が産出量の約8割以上を占めます。2016年~2020年のマグネシウム生産量の推移は以下の図の通りとなります。⇒参照したデータの詳細情報

マグネシウム生産量の推移(2016年~2020年)
マグネシウム生産量の推移(2016年~2020年)

マグネシウムとは
マグネシウムは、非常に軽い軽合金材料である金属マグネシウムが製品の軽量化のために使用されています。また人間にとっての必要なミネラルでもあり、食品や医薬品、飼料などの添加物としても利用されています。マグネシウム地金製錬原料として、海水、地下かん水、ドロマイトやマグネサイトがあります。

マグネシウム採掘生産会社の概要

Israel Chemicals(イスラエルケミカルズ、ICL)

Israel Chemicals(イスラエルケミカルズ、ICL)はイスラエルに本拠を置く肥料大手です。カリやリン酸の生産に強みを持ちます。子会社のDead Sea Magnesium(死海マグネシウム)でマグネシウムの採掘生産を行っています。

Solikamsk Magnesium Works(ソリカムスクマグネシウム)

1992年11月に民営化されたロシアに本拠を置くマグネシウム開発会社です。キプロスのSirkeci Limitedが筆頭株主です。

Shanxi Yinguang Magnesium Industry(山西闻喜銀光鎂業)

中国に本拠を置くマグネシウムの採掘会社です。

US Magnesium(USマグネシウム)

USマグネシウムは、グレートソルトレイクの湖畔での塩やマグネシウムの採掘をおこなっています。

Sovran White International(ソブランホワイトインターナショナル)

旧中国マグネシウムです。豪州を中心にマグネシウムの採掘を行っています。

Rima Industrial(リマインダストリアル)

1987年に設立されたブラジルに本拠を置くマグネシウム採掘生産会社です。南半球で唯一のマグネシウムを生産しています。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。