M&Aの対象となるITソリューション会社の分析

経営管理系ソフトウェア開発分野で今後M&Aの可能性がある会社

社名:CSS
本社所在地:ドイツ
買収を発表した年:2021年11月
現在の株主:カーライル
CSSは1984年に設立された会計・経営管理・人事業務向けのソフトウェアを開発しています。

社名:Paradigm(パラディウム)
本社所在地:米国
買収を発表した年:2021年10月
現在の株主:フランシスコパートナーズ
Paradigm(パラディウム)は法律事務所向けの決済や業務管理ソフトウェアを提供しています。

社名:Theobald Software
本社所在地:ドイツ
買収を発表した年:2022年2月
今後売却検討する可能性のある株主:Bregal Unternehmerkapital
Theobald Softwareは、SAPシステムとBI/Analytics用のサードパーティーシステム、さらにデータベース、分析プラットフォーム、クラウドソリューションとの統合を専門的にサポートするサービスを提供しています。2022年にBregalが買収をしました。

社名:Forterro(フォルテロ)
本社所在地:英国
買収を発表した年:2022年3月
今後売却検討する可能性のある株主:Partners Group
フォルテロは中小企業向けのERPソフトウェアの開発会社です。Partners Groupが2022年3月にバッテリーベンチャーズから買収しました。

社名:TVHコンサルティング
本社所在地:フランス
買収した年:2021年9月
現在の株主:21インベスト
TVHコンサルティングはSAPのERPやビジネスインテリジェンスソリューションの統合を行うコンサルティング会社です。21インベストがSparing Capitalから買収をしました。

社名:Magnitude
本社所在地:米国
株主:3i
Magnitude(マグニチュード)は、顧客がERPやクラウドアプリケーションからデータを効率的に抽出、分析できるようにするデータ管理ソリューションを提供しています。例えばビジネスアナリストがSAP ERPからデータを抽出して分析できるツールや分散したデータシステムソースからデータを収集し、財務データを1ヵ所で確認できるようにするデータ統合ツール等を提供しています。本社は米国にあり、米国、カナダ、オランダ、英国、インドでグローバルに事業を展開しています。3iが買収しました。

社名: TIMETOACTグループ
本社所在地: ドイツ
買収年: 2021年
株主: エクイストーン
TIMETOACTグループは、デジタルワークプレイス、プロセスの自動化・最適化、ビジネスインテリジェンス、アイデンティティ&アクセス管理に関するサービスを提供しています。2021年にエクイストーンが買収をしました。

社名:board
本社所在地:スイス
株主:ノルディックキャピタル
Boardは、1994年に設立されたスイスに本拠をおくビジネスインテリジェンスや経営分析ソフトを提供する会社です。パッケージ販売からクラウドベースでの展開に事業を変革し、コカコーラ、フォルクスワーゲン、ピューマ、KPMGにサービスを提供しています。ノルディックキャピタルが買収しました。

社名:Velocity Solutions
本社所在地:米国
買収年:2017年
株主:HIGキャピタル
Velocity Solutionsは、地域銀行や信用組合等の口座情報を分析し、非利息収入等の収益向上に向けたソリューションを提供しています。HIGキャピタルが2017年12月に買収をしました。

社名:Enverus
本社所在地:米国
買収年:2021年
株主:ヘルマン・アンド・フリードマン
Enverusは、ユーティリティ会社に対してエネルギーの開発、生産等の情報分析をSaaS型で管理できるサービスを提供しています。ヘルマン・アンド・フリードマンが買収しました。

社名: CyberGrants
本社所在地: 米国
買収した年: 2021年
現在の株主: Apaxパートナーズ
CyberGrantsは企業向けにCSRや従業員ボランティアの運営・管理を行うソフトウェアをSaaS形式で提供しています。2021年にApaxパートナーズがWaud Capital Partnersより買収しました。

CMSソフトウェア開発分野で今後M&Aの可能性がある会社

社名:Sitecore
本社所在地:デンマーク
株主:EQT
Sitecore(サイトコア)は、2001年に設立された、デンマークに本社を置く、コンテンツ管理システム(CMS)を提供する会社です。多言語サイトの構築やアクセス解析、マルチデバイス対応などに優れたコンテンツ管理システムにより、近年、年率30%以上の継続的な力強い成長を遂げています。EQTが買収をしました。

社名:Genesys
本社所在地:米国
買収年:2016年
株主:ヘルマン&フリードマン
Genesys(ジェネシス)は米国に本拠を置くオムニチャネル構築支援会社です。2016年にヘルマン&フリードマンが買収をしました。

ERPソフトウェア開発分野で今後M&Aの可能性がある会社

社名:CONET
本社所在地:ドイツ
買収を発表した年:2021年10月
現在の株主:IKインベストメントパートナーズ
CONETはSAPを利用したデジタル・トランスフォーメンションサービスを主に公共部門のクライアントに対して提供しています。

社名:MAIT
本社所在地:ドイツ
出資した年:2021年
現在の株主:3i
シーメンス、PTC、SAP-PLM、abas、Comarch、HP、富士通といったベンダーのプロダクトライフサイクルマネジメント(PLM)、エンタープライズリソースプランニング(ERP)製品のクライアントへの導入を行なっています。3iが2021年に60百万ユーロの出資を行いました。

社名:IFS
本社所在地:スウェーデン
株主:EQT
IFS(アイエフエス)は、1983年に設立された、スウェーデンに本社を置く、ERP(統合基幹業務システム)開発・販売会社です。会計管理・販売管理・在庫購買管理・生産管理・人事給与管理の各システムを統合したIFS Applicationsは、日本ではNECなどの企業が導入しています。EQTが買収しました。

社名:DL Software
本社所在地:フランス
買収年:2021年
株主:TAアソシエイツ
DL Softwareは、フランスに本拠を置き、リテール、流通、ヘルスケア、旅行代理店、不動産業界向けのERPをSaaS形式で提供しています。約1万社のクライアントを有します。21インベストが2017年に買収しています。2021年にTAアソシエイツが買収しました。

社名:To-Increase 
本社所在地:デンマーク
買収年:2020年
株主:ギルド・バイアウト
To-Increase は、マイクロソフトダイナミックスと連動するビジネスアプリケーションの開発会社です。デンマークに本拠をおきます。小売、衣料、流通向けにクラウド型のERPやeコマースを提供するColumbus A / S(コロンバスA / S)からギルド・バイアウト・パートナーズが2020年に買収しました。

社名: Ellucian
本社所在地: 米国
買収した年: 2021年
現在の株主: ブラックストーン、Vista Equity Partners
大学に対して、学生募集、大学運営、資金調達、卒業生との関係維持といったサービスに強みを持つERPをクラウドベースで提供しています。2021年にTPGとLeonard Green & PartnersからブラックストーンとVista Equity Partners が買収しました。

サプライチェーンマネジメント分野で今後M&Aの可能性がある会社

社名:GAINSystems
本社所在地:米国
買収を発表した年:2022年1月
今後売却検討する可能性のある株主:フランシスコパートナーズ
GAINSystemsは、顧客に対してサプライチェーンパフォーマンス最適化プラットフォームの開発提供を行う会社です。

社名:Achilles(アキレス)
本社所在地:イギリス
買収した年:2021年9月
現在の株主:Bridgepoint(ブリッジポイント)
Achilles(アキレス)はサプライチェーン上のリスク管理サービスを提供する会社です。
※商品の原料から遡ってCSR上のリスクがないか確認をする流れが続いています。サプライチェーンのトラッキングは開発途上であり、投資ファンドの傘下でより高度なリスク管理ができる仕組みを構築するものと思われます。

社名: Ingram Micro(イングラムマイクロ)
本社所在地: カリフォルニア
買収した年: 2021年
現在の株主: プラチナエクイティ
Ingram Micro(イングラムマイクロ)は1979年に設立されたサプライチェーンやロジスティクス管理のサービスをクラウド上で提供する会社です。2021年にプラチナエクイティがHNA(海航)グループから買収をしました。

経費や出張管理分野で今後M&Aの可能性がある会社

社名:Rydoo
本社所在地:米国
買収した年:2021年9月
現在の株主:Marlin Equity Partners(マーリンエクイティパートナーズ)
Rydooは経費報告書と出張管理のためのSaaSソリューションを提供する会社です。2021年にマーリンが買収をしました。
※投資ファンド傘下に入ることで、ポートフォリオカンパニー含め法人顧客の拡充が見込めます。