セールスフォースの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

1999年にマーク・ベニオフ氏によって設立された米国に本拠をおくクラウド型のCRMアプリケーション提供大手です。営業支援サービスのSales Cloud、カスタマーサービスのService Cloudなどが有名です。2018年に業務ソフトのミュールソフト、2019年にデータ解析のタブロー、2020年にSlack(スラック)運営会社の買収に合意しました。

業績推移(年次)

増収増益基調が続きます。GAAP上の営業利益にはキャッシュアウトを伴わない人件費(株式対価の報酬)を含むため、営業キャッシュフローマージンは18.7%と二桁台となっています。

セールスフォースの業績推移

セールスフォースの業績推移

業績推移(四半期)

2022年8-10月
売上高は前年同期比14.19%増の7,837百万ドルになりました。営業利益は前年同期比1351.85%増の392百万ドルになりました。営業利益率は5.0%になりました。

2022年5-7月
売上高は前年同期比21.77%増の7,720百万ドルになりました。営業利益は前年同期比-51.60%の151百万ドルになりました。営業利益率は2.0%になりました。

2022年2-4月
売上高は前年同期比24.28%増の7,411百万ドルになりました。営業利益は前年同期比-97.35%の9百万ドルになりました。営業利益率は0.1%になりました。

2021年11-2022年1月
サブスクリプションサービス事業が好調で前年同期比増収となりました。GAAPベースの営業利益は赤字ですが、営業キャッシュフローマージンは15%です。

2021年8-10月
売上高は、前年同期比27%増の68億6,000万ドルで、特にCustomer 360プラットフォームとSlackが貢献しました。

セールスフォースの四半期業績推移

セールスフォースの四半期業績推移

EPS成長

2021年度の希薄化後EPSは減少しました。

セールスフォースの希薄化後EPSの推移

セールスフォースの希薄化後EPSの推移

事業構成

セールスフォースの売上構成は大きく、セールスクラウド、サービスクラウド、プラットフォーム、マーケティング&コマースに分かれます。

セールスフォースの売上構成(2021年度)

セールスフォースの売上構成(2021年度)

セールス
営業チームが、リードから商談、請求までの営業プロセス全体を管理・自動化することをサポートするサービスを提供しています。

サービス
顧客とのコミュニケーションをオムニチャネルでサポートするサービスです。

プラットフォームその他
ビジネスアプリケーション構築のためのプラットフォームです。無料のオンライン学習プラットフォームTrailhead、アナリストツールのTableau、各ソフトなどのインテグレーションを行うMuleSoftが含まれます。

マーケティング&コマース
顧客への販売をオムニチャネルでサポートするサービスです。

M&A(合併・買収)の動向

2018年 業務ソフト開発のMuleSoftを買収
2019年 データ解析のTableauの買収
2019年 ClickSoftwareの買収
2020年 企業向けコミュニケーションツールのSlackの買収

株主構成

創業者のマーク・ベニオフ(Marc Benioff)氏が大株主として残ります。

セールスフォースの株主構成(直前期末時点)

セールスフォースの株主構成(直前期末時点) 出所:マーケットスクリーナー

EN