アメリカン・インダストリアル・パートナーズ(American Industrial Partners)の投資先の一覧

概要

アメリカン・インダストリアル・パートナーズ(American Industrial Partners、AIP)は、米国に本拠を置く投資ファンド。主に売上高で2~10億ドル規模の中堅企業への投資に注力をしています。1989年に設立され、設立以来100社超の会社への投資を行っております。設立以来組成されたファンドの額は約70億ドルに達します。

連絡先

住所

450 Lexington Avenue, 40th Floor
New York, NY 10017

電話

+1 212 627 2360
Fax +1 212 627 2372

主要投資先

Moly-Cop(モリ・コップ)

2017年に12.3億ドルで買収しました。買収時点での売上高とEBITDAは10億ドルと156百万ドルとなります、Molycop(モリ・コープ)は米国に本拠を置くgrinding media(粉砕媒体)メーカーです。北米、南米、豪州でサービスを提供しています。2010年に豪州の鉱山会社であるOneSteel Limited(その後Arriumへと社名変更)がアングロ・アメリカンより買収しました。Arrium社が経営破たんし、AIP傘下となりました。鉄鉱石、銅、金等の粉砕工程で使用する鉱工業用粉砕媒ボール(SAG grinding balls)、ミルライナーボルト(mill liner bolts)、粉砕用棒鋼(grinding rod)、フロス浮選用化学薬品(Flotation Chemicals)のほか、豪州ではComsteelブランドで150 種を超える車輪のほか、鉄道車軸、輪軸を製造しています。カナダの電炉事業(AltaSteel)は日本の共栄製鋼に2020年4月売却を行っています。

EnTrans International(エントランス・インターナショナル)


2011年にDover Corp(ドーバー・コープ)からの買収したHeil Trailer(ヘイル・トレーラー)と2014年にWexford Capitalからの買収したSERVA Group(サーヴァ・コープ)が経営統合して誕生しました。2017年にはPolar (ポーラー)を吸収合併しています。
同社は、米国に本社を置く石油タンクトレーラーメーカーです。買収した会社のHeil Trailer(ヘイル・トレーラー)、Polar (ポーラー)やJARCO(ジャルコ)というブランドでタンクトレーラーを製造販売しています。メンテナンス用のサービスセンターや、石油タンクトレーラーに必要な備品等をSERVAブランドで提供しています。直近の売上高は約6億ドルです。

Ascent Aerospace(アセント・エアロスペース)


2012年にHampson Industries(ハンプソンインダストリーズ)から買収しました。買収時点での売上高は2億ドルです。米国に本拠を置く航空機のパーツ関連のメーカー。軍用機の風防・キャノピーの製造に加え、航空機のパーツ製造におけるオートメーション化(リベット打ち機、ロボット、組み立て装置)等のターンキー設備や金型、治具、固定用及び切断機器を提供しています。

Brock(ブロック)


2017年にLindsay Goldberg(リンゼイ・ゴールドバーグ)から買収した米国に本拠を置く建設資材提供会社です。脱着加工な遮音・断熱カバー(Insulation Covers)、ケーシング管(Pipe Casings)、足場組み立て、再コーティング等のサービスを、石油化学コンビナート、製錬工場、発電所、各種工場等に提供しています。直近の売上高は約12億ドルです。

Carlstar Group(カールスター・グループ)


2013年に建材大手のCarlisle Company(カーライル・カンパニー)から375百万ドルで買収した米国に本拠を置く特殊タイヤメーカーです。フラットフリー(ノーパンク)タイヤも製造しており、農機、建機、トレーラー(牽引車)、草刈り機、バギー向けに、Black Rock(ブラックロック)、 Carlisle(カーライル)、Cragar、 ITP(バギー向けでは世界シェア1位)、Marastar、Uniqueのブランドで提供しています。直近の売上高は約6億ドルです。
2015年にベルト事業をTimken Company(ティムケン・コーポレーション)に売却をしています。

manroland Goss(マンローランド・ゴス)


2018年にドイツに本拠を置き投資会社のPossehl Group(ポーサル・グループ)が保有するmanrolandと米国に本拠を置きAIPが保有するGossが経営統合して誕生した会社です。雑誌、新聞、カタログ、パッケージ、ダイレクトメール等に、自動化された生産性の高い輪転機システムとフィニッシングシステムを提供しています。直近の売上高は約330百万ドルです。

CQMS Razer(CQMSレーザー)


2018年に投資ファンドのQuadrant Private Equityから150百万豪ドルで買収した豪州の本拠を置く鉱山オペレーターの生産効率向上のための各種装置やソフトウェアを提供する会社です。露天掘り(Surface mining)の効率化、ホイールローダーの運転効率化等に特化したサービスを展開しています。直近の売上高は約1億ドルです。

Form Technologies(フォーム・テクノロジーズ)


投資ファンドのKenner & Company、Partners Group及びAIPが共同保有する米国に本拠を置くダイキャスト、インベストメント鋳造(焼流精密鋳造)、金属粉末射出成型を行うメーカーです。自動車業界から消費材メーカーまで幅広く製品を提供しています。直近の売上高は約10億ドルです。

Gerber Technology(ガーバーテクノロジー)


2016年に買収をした米国に本拠を置く裁断機メーカーです。アパレル・ファッション・繊維業界以外にも、航空機、自動車、電力業界向けに各種自動裁断機(automated cutting equipment)を提供しています。売上高は250百万ドルです。

Optimas OE Solutions(オプティマス・オーイー・ソリューションズ)


2015年にケーブル・ワイヤー大手のAnixter Internationalから380百万ドルで買収をした北米に本拠を置く留め具・締め金具(ファスナー)メーカーです。ボルト、ねじ、ナット、ワッシャー(washer)に加え、個人用保護具、継手(Fittings)、締め金(Clamps)、ホース・チューブ等の各種部品も製造・販売しています。直近の売上高は約9億ドルです。産業用ファスナー業界の市場規模は、約9兆円の規模と推計されています。Stanley Black & Decker(スタンレーブラック&デッカー)、Precision Castparts Corporation(プレシジョン・キャストパーツ・コーポレーション)、Nitto Seiko(日東精工)、Wilhelm Bollhoff (ウィルヘルム・ボルフォフ)が大手産業用ファスナーメーカーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました