製薬業界でM&Aや再編対象となる会社の分析

今後M&Aの対象となる可能性のあるバイオ医薬

社名:LKM
本社所在地:アルゼンチン
買収した年:2015年
現在の株主:アドベントインターナショナル
Laboratorio LKM(LKMラボラトリ)は、アルゼンチンに本拠を置く腫瘍学、HIVなどの大手バイオ医薬品企業です。 1984年に設立され、ブエノスアイレスを拠点としています。 ボリビア、チリ、エクアドル、パラグアイ、ペルー、ウルグアイで事業を展開しています。 アドベントインターナショナルが2015年に買収しました。

社名:BS&V
本社所在地:インド
買収した年:2019年
現在の株主:アドベントインターナショナル
Bharat Serums and Vaccines(バーラート・シアルムズ・アンド・バクシーンズ)は、インドに本拠を置く婦人科や生殖補助医療、救急医療向けの製薬会社です。 アドベントインターナショナルが2019年に買収しました。

今後M&Aの対象となる可能性のある医薬品原薬や中間体メーカー

社名:SEQENS
本社所在地:フランス
買収した年:2021年8月
現在の株主:SKキャピタル
SEQENSは医薬品原薬(API)、医薬中間体、特殊成分の開発・製造会社です。2021年8月にユーラゼオからSKキャピタルが買収をしました。
※SKキャピタルは傘下ポートフォリオの1社である、同業のWavelength PharmaceuticalsとSEQENSとの経営統合を予定しています。

社名:Emiliana
本社所在地:イタリア
買収した年:2019年
現在の株主:アドベントインターナショナル
Industria Chimica Emiliana (ICE、エミリアン化学工業)は、イタリアに本拠を置く胃および慢性疾患の治療に使用されるウルソデオキシコール酸(UDCA)の生産を行う会社です。アドベントインターナショナルが2019年に買収しました。 推定企業価値は 654 億ドルです。

社名:Barentz
本社所在地:オランダ
買収した年:2019年
現在の株主:シンベン
Barentz(バレンズ)は、1953年にオランダで設立され、ベータ遮断薬、カルシウムチャネル遮断薬といった医薬品有効成分(API)や添加剤を製造販売しています。シンベンが2019年に買収をしました。

社名:HTL Biotechnology
本社所在地:フランス
買収した年:2021年
現在の株主:Montagu
過去の株主:ブリッジポイント(2018年~2021年)
バイオポリマーやヒアルロン酸メーカーです。2018年にブリッジポイントが買収しました。2021年11月にMontaguが買収をしました。

社名:PharmaZell
本社所在地:ドイツ
買収した年:2020年
現在の株主:ブリッジポイント
呼吸器や炎症性疾患向けの医薬品原薬を製造しています。2020年にブリッジポイントが買収しました。

社名:RA Chem
本社所在地:インド
買収した年:2020年
現在の株主:アドベントインターナショナル
RA Chem Pharmaは医薬品原薬や化粧品成分の開発製造会社です。2020年にMicro Labsから買収しました。

社名:ZCL Chemicals
本社所在地:インド
現在の株主:アドベントインターナショナル
ADHD、抗精神病薬、抗てんかん薬、抗炎症薬、疼痛管理薬、アルツハイマー病などの中枢神経系領域に特化した医薬品原薬と中間体の製造会社です。

今後M&Aの対象となる可能性のあるメディカルコミュニケーション

社名:HealthSTAR
本社所在地:米国
買収した年:2001年
現在の株主:HIGキャピタル
HealthSTARは、米国に本拠をおき。製薬会社やバイオテクノロジー会社に対して、メディカルコミュニケーションサービスを提供しています。HIGキャピタルが2001年に買収をしました。

社名:Envision
本社所在地:イギリス
現在の株主:アーディアン
Envision Pharma(エンビジョンファーマ)は、製薬、バイオテクノロジー会社や医療機器メーカーに医療情報に関するコミュニケーションサービスを提供する会社です。アーディアンが買収しました。

PEファンドがM&Aで売却済

社名:Aldevron
本社所在地:米国
買収した年:2021年
現在の株主:EQT
Aldevron(アルデブロン)は、1998年に設立された、アメリカに本社を置く、生物製剤開発製造会社です。プラスミドDNAやタンパク質製造、抗体発見、mRNA製造などの実績があり、遺伝子治療の分野で注目を集めています。EQTが買収しました。2021年にDanaher Corporationに96億ドルで売却をしました。