投資ラウンド

投資ラウンド

既存銀行との共存を目指すネオバンクChimeの資金調達額の推移

2012年に設立されたChimeは米国に本拠を置くオンライン銀行向けサービスを提供する会社です。Bancorp銀行やStride銀行と提携して、給与小切手(paycheck)の早期換金サービス、金利がかからない当座貸越(overdraft)、自動積立、簡単なモバイル送金、無料での口座維持、といった銀行関連サービスを提供しています。
投資ラウンド

私募債発行支援プラットフォームのSiiiboの資金調達額の推移

Siiiboは2019年に設立された私募債発行支援プラットフォームを提供する会社です。株式型クラウドファンディングや商法の匿名出資を利用したソーシャルレンディングが、日本国内でも急速に拡大している中で、非上場企業の私募債をオンラインで仲介するプラットフォームは本邦初の企業となり、今後に注目が集まります。
2021.03.21
投資ラウンド

ノーコードCMSの先駆けワードプレス運営会社Automatticの企業評価の推移

2005年に設立されたAutomatticはブログサービス、Eコマース、シュートブログなどのプラットフォームをWordPress, WooCommerceやTumblrといったブランドを通じて開発提供している会社です。2019年時点で30億ドルのバリュエーションに到達しました。
投資ラウンド

決済ソリューションAPI大手ストライプの資金調達額の推移

Stripe(ストライプ)は2009年に設立されたオンライン決済の提供会社です。同社の決済機能はECなどに簡単に組み込むことができ利用者が増えています。投資ラウンドを順調に重ね、2021年3月には企業価値が950億ドルに到達しました。
2021.07.28
投資ラウンド

自動運転スタートアップの資金調達額ランキング

自動車など車両の自動運転技術は、ハードウェアの性能向上や深層学習による人口知能の深化という追い風も吹き、既存の自動車会社も巻き込んで猛烈な勢いで開発が進んでいます。Cruise、Waymo、Aurora、Argo、Drive、AImotive、Pony、WeRide、AutoX、Zoox、Nuroといった有望スタートアップの資金調達額、自動運転業界の業界マップ、各社の概要や動向について分析を行っています。
2021.07.16
投資ラウンド

ARと位置情報の組み合わせが上手いNianticの資金調達の推移

米国に本拠を置くNianticは2010年にグーグル内に設立されました。2015年にグーグルから独立し、AR(仮想現実)と位置情報を組み合わせたオンラインゲームを開発する会社となっています。ポケモンGOのヒットで有名になりました。
投資ラウンド

クレジットスコアを再定義するモバイルファイナンスAnyfinの資金調達の推移

スウェーデンに本拠を置く2017年に設立されたAnyfinは、個人のクレジットカードの決済履歴や借入の返済履歴を写真に撮って、SNS、メールもしくはメッセンジャーなどで送付するだけで、より低い金利で既存の借入をリファイナンスを行うオンラインファイナンス会社です。
投資ラウンド

デリバリー仲介プラットフォームWoltの資金調達の推移

フィンランドに本拠を置く2015年に設立されたWoltはレストランから料理を注文する人と実際に宅配デリバリーする人を仲介するアプリを開発しています。欧州の主要都市や日本を含めて事業を展開しています。「レストランにおいしい料理食べに行く」から「家にいながらレストランのおいしい料理を食べる」という領域を切り開いています。
市場シェア

植物肉・培養肉スタートアップの業界カオスマップと資金調達額ランキングの分析

代替肉と呼ばれる植物肉や培養肉のスタートアップの業界カオスマップと資金調達額ランキングを分析しています。持続可能な食料供給の観点から代替肉の技術には大きな注目が集まっています。代替肉スタートアップであるネクスト・ジェン、モチーフ・フードワークス、Hooray Foods、ベターミート、Rebellyous Foods、プランティブルフーズ、スターフィールド、DAIZ、ビヨンド・ミート、インポッシブルフーズ、モサミート、ミータブル、アップサイドフーズ、スーパーミート、フューチャーミート、ニューエイジミーツ、アレフファームズ、リディファインミートの概要や動向も掲載しております。
2021.07.21