Zホールディングスの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

Zホールディングスの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

Zホールディングスは、ヤフージャパンとLINEが経営統合して誕生したWebメディアとeコマース運営会社です。ヤフージャパンはポータルサイトとしてインターネット黎明期から日本で定着しています。ラインは国産初の対話アプリ&ソーシャルネットワークサービスでアジアを中心とした海外でも展開しています。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比29.99%増の1,567,421百万円になりました。営業利益は15.42%増の189,503百万円になりました。営業利益率は12.09%になりました。メディア事業やコマース事業はLINEとの経営統合で増収増益となりました。

Zホールディングスの業績推移

Zホールディングスの業績推移

業績推移(四半期)

2022年度第1四半期(4~6月)
売上高は前年同期比4.61%増の390,565百万円になりました。営業利益は0.19%増の53,893百万円になりました。営業利益率は13.80%になりました。

2021年度第4四半期(1~3月)
売上高は前年同期比22.66%増の407,285百万円になりました。営業利益は-30.43%の13,844百万円になりました。営業利益率は3.40%になりました。LINEとの統合で増収になりましたが、人件費や減価償却費などが増加し、収益面では減益になりました。

2021年度第3四半期(10~12月)
前年同期比増収減益となりました。持分法における投資の減損が響きました。

Zホールディングスの四半期業績推移

Zホールディングスの四半期業績推移

EPS成長率

2021年度
希薄化後EPSは前年比-27.62%の10.14円になりました。

Zホールディングスの希薄化後EPSの推移

Zホールディングスの希薄化後EPSの推移

売上構成

コマースとメディア事業が主軸となります。

Zホールディングスの売上構成(2021年度)

Zホールディングスの売上構成(2021年度)

コマース事業
ASKUL、ZOZO、ヤフオク!、LOHACO、Yahoo!プレミアム、PayPayフリマ、ペット用品関連、通信キャリア関連、銀行業関連、FX関連、決済関連などの事業を展開しています。

メディア事業
広告 検索広告、ディスプレイ広告、パーソナル(個人向け) 動画関連、電子書籍

直近のM&A(合併買収)

カバーするコンテンツの拡充を目指したM&Aを行っています。

2009年 ソフトバンクIDCを子会社化
2016年 イーブックイニシアティブジャパンを子会社化
2018年 ジャパンネット銀行の子会社化
2021年 LINEと経営統合

直近1年間の株価リターン

Zホールディングスとインデックスの株価リターン比較

2022年09月29日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

Webメディア(検索サイト・SNS)の市場シェアと市場規模の分析

広告収入が主な収益源となっている検索サイトやソーシャルネットワークサービス運営会社の市場シェアと市場規模について分析を行なっています。アルファベット、メタプラットフォームズ、マイクロソフト、テンセント、百度、アリババ、Zホールディングス、ツイッター、ネイバー、ヤンデックスといった大手Webメディア運営会社の概要も掲載しています。