JABホールディングスの投資ポートフォリオ

ファミリーオフィース系投資会社であるJABホールディングス(JAB Holdings)の世界シェア(世界市場シェア)、投資ポートフォリオ、会社買収の情報です。

会社概要

JABホールディングスはルクセンブルクに本拠を置く投資ファンドです。JABはJoh.A.Benckiserの略となっています。ドイツ・オーストリアの資産家ファミリーであるライマン家(Reimann Family)によって所有されています。ライマン家は現在のレキットベンキーザーが1999年に経営統合をする前のベンキーザー社の創業家一族です。2020年現在約186億ユーロの株主資本を有しております。

投資ポートフォリオ

コーヒー

コーヒー業界の世界シェアでは、Jacobs Douwe Egberts Group (JDE、ヤコブ・ダウ・エグバーツ)、D.E Master Blenders、Mondelez International(モンデリーズ・インターナショナル)のコーヒー事業とPeet’s Coffee(ピーツ・コーヒー)が経営統合して誕生したJDE Peet(JDEピート)とドクター・ペッパー・スナップル・グループと1杯分コーヒー抽出機の「キューリグ」、1杯分「Kカップ」コーヒーで有名なKeurig Green Mountain(キューリグ・グリーンマウンテン)が経営統合をして誕生したキューリグ・ドクター・ペッパーを成長のドライバーとして、ネスレに次ぐ世界2位となっています。

やや複雑な再編の経緯を辿っているので、JABのコーヒーポートフォリオの強化について時系列でまとめると以下の通りとなります。

2012年 Peet’s Coffee & Teaの買収

2013年 D.E Master Blendersの買収

2015年 Mondelez Internationalのコーヒー事業とD.E Master Blendersが経営統合をしJacobs Douwe Egberts (JDE)が誕生

2020年 Peet’s CoffeeとJDEが経営統合をしJDE Peetが誕生

2020年 JDE Peetが株式公開

コーヒーチェーン業界では、業界大手のPanera Bread(パネラブレッド)やカリブ・コーヒー、エスプレッソハウス等を買収を行っています。JDEと経営統合をしたピーツ・コーヒーもコーヒーチェーンを展開しています。

下記はJABのグループストラクチャーとなります。

JABグループストラクチャー 出所:JAB

高級ブランド

高級ブランドの業界では、靴に強いジミーチュー、ベルスタッフ(BELSTAFF)を保有していました。ジミーチューは13億5000万ドル(約1470億円)でマイケル・コース ホールディングス(MICHAEL KORS HOLDINGS)へ売却されました。現状は、皮製品の強いバリー(BALLY)を保有しています。

飲料

飲料業界では、2018年にドクター・ペッパー・スナップル・グループをキューリグ・グリーン・マウンテンと経営統合することを発表。キューリグ・ドクター・ペッパーとして、業界大手のコカ・コーラやペプシコを追い上げています。

日用品業界、マウスウォッシュ業界、ベビーフード業界の上位企業であるレキットベンキーザーの大株主でしたが、2019年に株式を売却しております。

また、同じく大株主であるコティを通じて化粧品業界も高いプレゼンスがあります。

その他の分野では、ドーナツチェーン大手のクリスピー・クリーム・ドーナツや北米で展開するペットホテルのCompassion-First(コンパッションファースト)を買収しています。

その他の事業再編・買収

2015年 キューリグ・グリーンマウンテンを買収

2016年 クリスピー・クリーム・ドーナツを買収

2017年 パネラブレッドを買収

2017年 ジミーチューの売却

2018年 ドクター・ペッパー・スナップル・グループとキューリグ・グリーン・マウンテンが経営統合し、キューリグ・ドクター・ペッパーが誕生

コメント

タイトルとURLをコピーしました