ABBによるターボ過給機事業の戦略レビュー

2020年11月19日のキャピタルマーケットDayで、ABBがターボチャージング(ターボ過給機)、メカニカルパワートランスミッション(動力伝達機器)、パワーコンバージョン(電力変換機器)事業の戦略レビューを発表しました。
戦略レビューの対象となる3事業の売上高は約17.5億ドルで、ABB全体の約6%を占めます。

ABB概要

ABB(エービービー)は、スイスに本拠を置く重電・重工業大手です。ABBはAsea Brown Boveri(アセア・ブラウン・ボベリ)の略です。1988年にスウェーデンのアセアとスイスのブラウン・ボベリが経営統合して誕生しました。アセアとブラウン・ボベリは1890年代に創業された両国を代表する老舗重電メーカーです。発電・送変電機器と自動化機器やソフトウェア事業に強みを持ちます。原子力発電と火力発電における発電機器事業は、それぞれWestinghouse(ウェスティングハウス)とAlstom(アルストム)に売却し撤退しました。2018年にGEよりエレクトリフィケーション事業を行うGEインダストリアルソリューションを買収しました。2020年は電力システムやパワーグリッド事業を日立に売却し、事業ポートフォリオの入れ替えを行っています。さらに詳しく

戦略レビューの対象資産の詳細と競合他社

ターボ過給機

ターボ過給機は、インダストリアルオートメーション本部の1事業で、売上高は約8億ユーロ、営業利益率は16%です。船舶、石油ガス、発電所、鉱山、鉄道向けの500kW~80MW 超のディーゼ ル及びガスエンジン用の過給機ターボ過給機を製造しています。
競合会社は、Garrett、三菱重工、Wabtec、マン、シーメンス、ロールスロイス等が挙げられます。同社資料によると、ターボ過給機メーカーでは世界1位です。

動力伝達機器

動力伝達機器は、モーション本部の1事業で、2011年に買収をしたBaldor社の事業ポートフォリオを引き継いでいます。特にDodgeブランドで展開する北米市場に強みがあります。セメント、化学、飲料、水処理といった分野で使用される動力伝達装置向けに、ころ軸受、玉軸受けといった各種ベアリング、ねじ歯車(ウォームギア)、はすば歯車(ヘリカルギア)やカスタム歯車といった各種ギア、減速機、防振装置(ブッシング)、カップリング(軸継手)、機械駆動用部品等を手掛けています。地域では、特に北米市場が強いとされています。売上規模は約5億ユーロです。

電力変換機器

電力変換機器は、エレクトリフィケーション本部の1事業で、2018年に買収したGEインダストリアルソリューションの事業ポートフォリオを引き継いでいます。同社によると直流電源(DCパワー)機器は世界4位です。特にデータセンターや通信会社向けに強みがあります。DC/DCコンバーター、インバーターなどの変圧器なども取り扱っています。競合他社はVertiv、デルタエレクトロニクス、エネシスなどが挙げられます。売上規模は約5億ユーロです。