イオンの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

イオンの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

イオンは1758年に岡田惣左衛門氏によって創業された小間物商を源流とする小売りグループです。総合スーパー事業を核に、ドラッグストア、クレジットカード、コンビニや専門店などの事業を展開しています。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比1.30%増の8,715,957百万円になりました。営業利益は120.68%増の128,193百万円になりました。営業利益率は1.47%になりました。

2020年度
売上高は前年比減収増益となりました。新型コロナウィルスが影響しました。

イオンの業績推移

イオンの業績推移

業績推移(四半期)

2022年3-5月
売上高は前年同期比2.32%増の2,203,226百万円になりました。営業利益は24.09%増の44,716百万円になりました。営業利益率は2.03%になりました。

イオンの四半期業績推移

イオンの四半期業績推移

EPS成長率

2021年度
希薄化後EPSは7.65円になりました。

イオンのEPSの推移

イオンのEPSの推移

売上構成

GMSやスーパーが主力ですが、ドラッグストアーや専門店等も拡充させています。

イオンの売上構成(2021年度)

イオンの売上構成(2021年度)

GMS総合スーパー
イオンリテール、イオン北海道、イオン東北、イオン九州、サンデー、イオンリテールで展開しています。

スーパーマーケット(SM)
マックスバリュ東海・西日本、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス、ダイエーが事業を展開しています。

コンビニエンスストア
ミニストップが事業を展開しています。

ドラッグストア
ウエルシア薬局が事業を展開しています。

専門店
コックス、ジーフット、タカキューで事業を展開しています。

金融サービス
イオン銀行、イオンクレジットサービスが主力です。

ディベロッパー
イオンモールでモール型の開発を行っています。

サービス
イオンディライト、イオンファンタジーがサービスを提供しています。

直近のM&A(合併買収)

リテール領域でM&Aを積極的に行っています。

2013年 ピーコックストアを買収
2014年 ウェルシアHDの子会社化
2015年 ダイエー、マルエツ、カスミを子会社化
2018年 フジとの資本提携
2021年 キャンドゥの子会社化

直近1年間の株価リターン

イオンとインデックスの株価リターン比較

2022年09月29日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

薬局・ドラッグストアチェーンの世界市場シェアの分析

薬局・ドラッグストアチェーンの世界シェアと市場規模の情報を分析しています。ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス、CVSヘルス、ライト・エイド、A.S.ワトソンといった薬局チェーン大手の動向も掲載しています。
市場シェア

スーパーマーケット・ハイパーマーケットの世界市場シェアの分析

スーパーマーケット、ハイパーマーケットの世界市場シェアと市場規模について分析しています。ウォルマート、テスコ、コストコ、カルフール、クローガー、メトロ等主要な小売店・スーパーマーケットの概要も掲載しています。ネット小売りの台頭、専業小売りの大型化等の新しい傾向に、既存総合スーパーがどのように対応するかで、優勝劣敗が明確化しつつあります。