製薬業界で再編対象となる可能性のある会社の分析

製薬業界で、今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。後発薬、新薬、大衆薬、バイオ医薬、製薬原料といった分野で、投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。
なお、本記事の作成日以降にM&Aによって下記会社が買収されている可能性もありますことを予めご了承下さい。

製薬分野で今後エグジットが予想される会社

後発薬・ジェネリック

Zentiva(ゼンティバ)

ヨーロッパの大手後発薬メーカーです。同社のルーツは、530年前のブラックイーグル薬局までさかのぼります。 プラハ、ブカレスト、アンクルシュワルに生産拠点を擁しています。 アドベントインターナショナルが2018 年に買収しました。 買収時点の推定企業価値は2197億ドルです。

Grupo Farmaceutico Somar(ソマール製薬グループ)

メキシコに本社を置く、ジェネリック医薬品の開発、製造、マーケティングに注力する後発薬メーカーです。 皮膚科製品、感染症の治療薬、縫合糸および外科用針の製造が主力事業です。アドベントインターナショナルが2017年に買収しました。

Pharmathen

オランダに本拠をおく後発薬メーカーです。85か国以上で製品を販売し、110以上の自社製品を保有しています。BCパートナーズが2015年に創業家から買収をしました。

Synthon

Jacques Lemmens博士によって設立されたオランダに本拠をおくジェネリック医薬品会社です。買収時点の想定企業価値は7.5億ユーロです。BCパートナーズが2019年に創業者から過半の株式の買収をしました。

acino

スイスに本拠をおく後発薬メーカーです。ノルディックキャピタルが2018年に買収しました。

市販薬

Oystershell(オイスターシェル)

ベルギーに本拠を置く市販薬メーカーです。防虫薬や感染症治療薬などを開発・販売しています。ギルド・バイアウト・パートナーズが2017年に投資しています。

Karo Pharma(カロファーマ)

1987年創業のスウェーデン・ストックホルムに本部を置く大手製薬会社です。皮膚、フットケア、 痛み、咳、風邪などの分野に特化した市販薬を取り扱っています。2020年第1四半期(1月〜3月)の売上高は 793百万スウェーデンクローネです。EQTが買収しました。

医薬品

Galderma(ガルデルマ)

1981年に創業し、スイスのラトゥールドペールズに本社を置く、皮膚に特化した医薬品の製造販売会社です。アジア太平洋、ヨーロッパ、中東、アフリカ、北中南米に40か国、50の研究開発センターと製造拠点を展開しており、ニキビ、皮膚炎、乾癬、アトピー性皮膚炎、肌の老化、日焼け止め、皮膚がんの7つの分野に特化した研究を行っています。EQTが買収しました。

STADA Arzneimittel(スターダ)

125年以上の歴史を持つドイツの製薬会社で、ゾフロラやアクアロール、ビタプロスト、ノゾラルに代表される一般用医薬品を、欧州中心に約120ヶ国で販売しています。シンベンが2018 年に買収をしました。買収時点の想定企業価値は1670億ドルです。

Mediolanum Farmaceutici

1972年にイタリア・ミラノで設立された製薬会社です。700を超える特許を取得しています。アーディアンが買収しました。

Ethypharm(エトファム )

1977年にフランスで設立された製薬企業です。2016年7月にPAIパートナーズが買収をしました。救急医療・腫瘍向けの医薬品の開発に取り組み、2014年には患者に直接医薬品を販売するダイレクトマーケティングを開始しました。2018年の売上高は3.3億ユーロとなりました。

医薬品コンサル

ProductLife Group(プロダクトライフグループ)

フランスに本拠を置く医薬品安全性監視や医薬品に関する国ごとの規制のコンサルティングを行う会社です。25年以上の業歴を有し、世界121か国で展開しています。21インベスが2019年に買収しました。2018年の売上高は24.4百万ユーロです。

Certara(チェルタラ)

2008年に創業したアメリカに本社を置く医薬品開発コンサルタント会社です。北米・ヨーロッパ、アジア太平洋地域に28の拠点を置き、世界60か国、1,200の企業、250の学術機関に医薬品開発と規制承認プロセスに関する情報を提供しています。EQTが買収しました。

バイオ医薬

Laboratorio LKM(LKMラボラトリ)

アルゼンチンに本拠を置く腫瘍学、HIVなどの大手バイオ医薬品企業です。 1984年に設立され、ブエノスアイレスを拠点としています。 ボリビア、チリ、エクアドル、パラグアイ、ペルー、ウルグアイで事業を展開しています。 アドベントインターナショナルが2015 年に買収しました。

Aldevron(アルデブロン)

1998年に設立された、アメリカに本社を置く、生物製剤開発製造会社です。プラスミドDNAやタンパク質製造、抗体発見、mRNA製造などの実績があり、遺伝子治療の分野で注目を集めています。EQTが買収しました。

Bharat Serums and Vaccines(バーラート・シアルムズ・アンド・バクシーンズ)

インドに本拠を置く婦人科や生殖補助医療、救急医療向けの製薬会社です。 アドベントインターナショナルが2019 年に買収しました。

製薬原料

Industria Chimica Emiliana (ICE、エミリアン化学工業)

イタリアに本拠を置く胃および慢性疾患の治療に使用されるウルソデオキシコール酸(UDCA)の生産を行う会社です。アドベントインターナショナルが2019 年に買収しました。 推定企業価値は 654 億ドルです。

Barentz(バレンズ)

1953年にオランダで設立され、ベータ遮断薬、カルシウムチャネル遮断薬といった医薬品有効成分(API)や添加剤を製造販売しています。シンベンが2019 年に買収をしました。