Oras Invest(オラス・インベスト)

概要

Oras Invest(オラス・インベスト)は、1945年にフィンランドでKosti Oras氏等によって創業された鉄工所をルーツに持つファミリーオフィース系の投資会社です。1999年にUponor社の筆頭株主となったのを皮切りに、上場会社の最大株主となるPIPS型の投資や非上場会社の買収を加速させています。投資資金は全てファミリーの財産から拠出されているため、投資先の企業に対して、中長期的な観点から、投資先の経営に積極的に関与・コミットメントするアプローチが特徴となっています。下図の通り、同社はUponor社に加え、Kemira社、 Tikkurila社、Oras Groupの株式を保有しています。2019年時点の投資評価は882百万ユーロとなります。

Oras Invest(オラス・インベスト)

出所:同社アニュアルレポート

財務ハイライト

下図からも、同社の投資戦略が、金融機関からの借り入れでレバレッジを欠けて投資を行うのではなく、ファミリーの資産を活用した投資であることが伺えます。投資先の好業績を受けて、2018年から比較して2019年は純資産の額が増加しています。

オラスインベストの財務ハイライト

出所:同社アニュアルレポート

連絡先

住所:Isometsäntie 2, 26101 Rauma, Finland
電話番号:+358 (0)10 2868 100

主要投資先

Kemira(ケミラ)

2007年から投資を行っています。現在の持ち分比率は20%となっています。ケミラは、フィンランドに本拠を置く水処理用薬品製造大手の会社です。2019年の売上高は約27億ユーロ、営業利益は2.2ユーロとなっています。特に製紙・パルプ業界向けに強く、Coagulants(凝固剤)、サイズ剤、Pulp Bleaching(パルプ漂白剤)、ポリマー剤等を製造販売しています。同分野における競合会社としては、Solenis、Kemira、Nouryon、Ecolab、Kurita(栗田工業)社が挙げられます。

出所:同社アニュアルレポート

Uponor(ウポノール)

同社はフィンランドに本拠を置く空調や温度コントロールソリューションプロバイダーです。地域冷暖房システム(district heating and cooling pipes)、配水管(pipes)、圧力パイプ(pressure pipes)、重力パイプ、継手、チャンバー、タンク、グリースセパレーター、ポンプステーション凍結防止配水システム、ラジエーター暖房等を商業・公共施設に展開しています。

連絡先

住所
Robert Huberin tie 3B
PO Box 37
Vantaa, 01511
Finland

電話番号
358-20-129-211

Tikkurila(ティックリラ)

フィンランドに本拠を置く塗料メーカーです。Oras Invest(オラス・インベスト)は2010年より同社に投資を行っています。建築用、中でもログハウス用の塗料に強みを持っています。地域別の売上高ではフィンランド、スウェーデン、ロシア、ポーランドといった北欧・東欧地域に強みを持ちます。下図の通り、2019年度の売上高は563百万ユーロ、営業利益は43.9百万ユーロとなっております。

出所:同社アニュアルレポート

連絡先

住所

P.O. Box 53, Heidehofintie 2
FI-01301 Vantaa
Finland

電話番号

+358 20 191 2000

コメント

タイトルとURLをコピーしました