M&Aの対象となるデータセンターやサーバー運営会社

今後M&Aや業界再編が予想されるデータセンターやサーバー運営会社について概要や動向をまとめています。データセンターのホスティング、運営、保守、構築の分野で今後再編が予想されます。

なお、本記事の作成日以降にM&Aによって下記会社が買収されている可能性もありますことを予めご了承下さい。

ホスティングサーバー運営分野で今後M&Aが予想される会社

社名:PlusServer
本社所在地:ドイツ
買収した年:2017年
現在の株主:BCパートナーズ
PlusServer(プラスサーバー)は、ドイツに本拠を置くマネージド・ホスティング・プロバイダーです。BCパートナーズが、2017年に企業価値397百万ユーロで米国のドメインレジストラ大手のGoDaddy社から買収しました。プラスサーバー自体は、2015年に、ホスト・ヨーロッパ、テレフォニカ・オンライン・サービス及びプラスサーバーの3社が統合して誕生しています。自社のデータセンターで、約4000社超の顧客企業向けに、サーバーの運用を含めたフルレンジのIT運用サービスを提供しています。

社名:One.com
本社所在地:デンマーク
買収した年:2018年
現在の株主:シンベン
One.com(ワン・ドットコム)は、2002年にデンマークで設立されたウェブホスティングサービス企業です。欧州を中心に成長し、これまでに約150ヶ国、150万人にドメイン名やウェブサイト構築などウェブ環境に必要なサービスを提供しています。速度や容量、アカウント数などニーズに合わせたパッケージが手軽に購入でき、個人ユーザーからビジネスまで幅広く対応しています。シンベンが2018 年に買収をしました。

社名:Eze Castle
本社所在地:米国
買収した年:2018年
現在の株主:HIGキャピタル
Eze Castle Integrationは、1995年に設立された米国に本拠をおくパブリッククラウド、プライベートクラウド、サイバーセキュリティサービスを提供するマネージドサービスプロバイダです。米国内に7のデータセンターを保有します。HIGキャピタルが2018年に70%の株式を買収しました。

社名:Rackspace
本社所在地:米国
買収した年:2016年
現在の株主:アポログローバルマネジメント
Rackspace(ラックスペース)は、米国に本拠を置くマネージドクラウドサーバーを提供している会社です。2016年にアポログローバルマネジメントが買収をしました。

社名: Adista
本社所在地: フランス
買収した年: 2021年
現在の株主: Keensight Capital
Adistaはフランスに本拠を置きB2B向けのプライベート及びパブリッククラウド(ホステッドサービス)を提供しています。2021年にエクイストーンがKeensight Capitalへ持分を売却しました。

データセンター構築分野で今後M&Aが予想される会社

社名:CXtec
本社所在地:米国
現在の株主:HIGキャピタル
CXtecは、1978年に節立された米国に本拠を置くデータセンター向け機器プロバイダーです。機器は通信に必要なスイッチ、ルーター、電話、ネットワークケーブルが含まれます。HIGキャピタルが買収しました。

社名:Conscia
本社所在地:デンマーク
現在の株主:ノルディックキャピタル
Consciaは、2003年に設立されたデンマークに本拠をおくITインフラ構築支援会社です。特にシスコ機器の導入サポートに強みを持ちます。大手金融機関やヘルスケア大手との強いリレーションを構築しています。ノルディックキャピタルが買収しました。

データセンター運営分野で今後M&Aが予想される会社

社名:TERACAI
本社所在地:米国
買収した年:2016年
現在の株主:HIGキャピタル
TERACAIは、米国に本拠を置くデータセンター運営会社です。HIGキャピタルが買収しました。

社名:Cyxtera
本社所在地:米国
買収した年:2016年
現在の株主:BCパートナーズ
Cyxtera Technologies(シクステラ・テクノロジーズ)は、米国に本拠を置き、データセンター運営及びセキュリティ・データ分析事業を提供しています。2016年に、BCパートナーズが、Medina Capital等とともに、米国の総合通信会社であるCenturyLink(センチュリー・リンク)より、57のデータセンターを18.6 億ドルで買収しました。その後2017年には、Medina Capitaが保有する総合ネット詐欺対策に特化するEasy Solutions(イージーソリューションズ)、データ分析のBrainspace(ブレインスペース)、セキュリティに強みを持つCryptzone(クリプトゾーン)、クラウドのデータ管理サービスを提供するCatbird(キャットバード)と経営統合をして誕生しています。2021年にSPACであるStarboard Value Acquisition Corpと経営統合をし上場を果たしています。

社名: QTS Realty Trust
本社所在地: 米国
買収した年: 2021年
現在の株主: ブラックストーン
QTS Realty Trustは北米およびヨーロッパに700万平方フィートを超えるメガスケールのデータセンターを保有・運営をしています。

データセンター保守分野で今後M&Aが予想される会社

社名:Evernex
本社所在地:フランス
現在の株主:3i
Evernex(エバーネックス)は、フランスのパリに本社を置く、データセンターのサードパーティー保守サービスを提供する企業です。IBM、DELL、HP他の大手メーカーのサーバーやストレージに対し保守サービスを提供しています。3iが買収しました。

EvernexのM&Aによる成長

2020年3月:南アフリカの同業であるStorexの買収
2020年6月:ドイツに本拠を置く同業のTechnogroupを買収
DACH地域とポーランドでトップのデータセンターインフラストラクチャのサードパーティメンテナンス(「TPM」)サービスプレイヤーです。

社名:Jiliti
本社所在地:フランス
買収した年:2020年
現在の株主:Chequers Capital
Jiliti GroupはデータセンターやITシステムのメンテナンスを行う会社です。Chequers Capitalが買収をしました。