インターナショナルペーパーの製品別の売上構成と市場シェアの分析

1898年に設立された米国テネシー州に本拠を置く世界最大級のパルプ製紙会社です。インダストリアルパッケージング、パルプ、印刷紙が大きな事業の柱となっています。2000年に北米同業のチャンピオンインターナショナル、2011年にはインドの大手製紙会社APPM(Andhra Pradesh Paper Mills Rajahmundry、アンドラプラデッシュ・ペーパー・ミルズ)の過半数を取得する等、買収により規模を拡大しています。インダストリアルパッケージング事業で、段ボールを製造販売しています。段ボールの原紙製造に加え、段ボールの貼合加工も行っています。また、2011年に段ボール大手の米Temple-Inland(テンプルインランド)買収しました。

売上構成

セグメント情報では、売上高はインダストリアルパッケージング事業、ファイバー事業、印刷紙事業に分かれます。製品別では、ダンボール包装、段ボール板紙、再生紙、飽和クラフト紙、石膏ボード、さらしクラフト、ファイバー、印刷用紙に分かれます。製品別の売上構成は以下の通りです。

2020年度インターナショナルペーパー売上構成

2020年度インターナショナルペーパー売上構成©ディールラボ

主なM&A

2000年

チャンピオンインターナショナルの買収

2011年

アンドラプラデッシュ・ペーパー・ミルズの買収

2011年

テンプルインランドの買収

インターナショナルペーパーの製品別の市場シェアが掲載れているページ一覧

 

 

市場シェア

段ボール業界の世界市場シェアの分析

段ボール業界の世界シェア、業界ランキングと市場規模について分析をしています。インターナショナルペーパー、玖龍紙業、レンゴー、ウェストロック、スマーフィットカッパ、DSスミスといった世界大手の段ボール会社の概要や動向も掲載しています。
2021.08.28
市場シェア

製紙業界・パルプ業界の世界市場シェアの分析

製紙・パルプ業界の世界市場シェア、市場規模、業界再編について分析をしています。インターナショナルペーパー、UPMキュンメネ、王子、ストラ・エンソ、P&G、キンバリークラーク、スヴェンスカ、スマーフィットカッパ等、主要な製紙会社の概略も掲載しています。
2021.09.20