カーボンアカウンティング業界のカオスマップと資金調達額の分析

2015年に採択されたパリ協定以降、各国は2050年に向けて温室効果ガスの削減がカーボンニュートラルの実現の公約を開始しました。地球の気候変動を緩和することは社会的な課題であり、温室効果ガスの測定を行うカーボンアカウンティング(炭素会計)を如何に効率的に行うかに注目が集まっています。カーボンアカウンティング業界のカオスマップでエコシステムを俯瞰しつつ、主要スタートアップであるカーボンチェーン、Persefoni、Sinai、カーボンベース、カーボンストップ、カーボンアナリティクス、エミットワイズ、プランエーの資金調達額や概要について分析を行っています。

温室効果ガスの測定の難しさ

カーボンニュートラルとは、植物を燃やしたときに、CO2を発生しますが、植物が成長する過程でCO2を吸収するので、温室効果ガスの排出は差し引きゼロになる、という考え方です。概念としては明確ですが、難しさは、植物が発芽から燃焼までの間に、実際どのくらいの量のCO2を吸収するのかを、リアルタイムに測定することにあります。植物一本一本で発育環境がことなるため、CO2の吸収量を均一的ではありません。こうした難しさは、生体だけでなく、企業の商品にも当てはまります。商品の製造工程で発生するCO2は現状一定の仮定のもと計算されますが、これをリアルタイムに厳密に計算しないと、結局カーボンフットプリントは、「ガーベッジイン、ガーベッジアウト」の状況に陥ってしまいます。温室効果ガスが眼に見えないだけに、カーボンアカウンティングでの測定の精度をより高めるべく、多くのスタートアップが参入しています。

カーボンアカウンティングの業界カオスマップ

カーボンアカウンティングを行うスタートアップを直近の投資ラウンドでの資金調達額(縦軸)とシリーズラウンド(横軸)でマッピングした業界マップ(カオスマップ)を作成すると以下の通りとなります。円の大きさは資金調達累計額となります。またIPOをした会社の場合は、直近1年間の資本金及び資本準備金の増減と合計を直近の資金調達額と資金調達累計額とみなしております。

カーボンアカウンティング業界のカオスマップ(2021年)
カーボンアカウンティング業界のカオスマップ(2021年)
円の大きさは資金調達累計額

投資ステージは初期ステージのスタートアップのみとなっています。カーボンアカウンティングの測定を行う企業に対してカーボンフットプリントに関する付加価値をどの程度提供できるかが差別化要素となります。上記スタートアップの資金調達累計額は、本ページの更新時点で約41百万ドルとなっております。⇒参照したデータの詳細情報

カーボンアカウンティング業界の資金調達累積額ランキング(市場シェア)

カーボンアカウンティングのサービス提供会社の資金調達累計額を分子に、上述した業界全体の資金調達額を分母にして、資金調達額シェアを計算し、ランキング化すると、2021年7月時点では、1位はPersefoni、2位はカーボンストップ、3位はエミットワイズとなります。

カーボンアカウンティング業界の資金調達累積額ランキング(2021年)

  • 1位 Persefoni 40.85%
  • 2位 カーボンストップ 18.67%
  • 3位 エミットワイズ 15.86%
  • 4位 プランエー 12.01%
  • 5位 Sinai 9.61%
  • 6位 カーボンベース 2.40%
  • 7位 カーボンチェーン 0.36%
  • 8位 カーボンアナリティクス 0.24%

カーボンアカウンティング会社の資金調達累計額ランキング(2021年7月)
カーボンアカウンティング会社の資金調達累計額ランキング(2021年7月)

市場規模

調査会社のマーケットレポートワールドによると、2021年~2025年にかけてカーボンアカウンティングのソフトウェア業界は、年平均25%で成長し、市場規模は63.8億ドル増加します。2020年の市場規模を逆算すると31億ドルとなります。⇒参照したデータの詳細情報

主要なカーボンアカウンティング会社の概要

Plan A(プランエー)

本社所在地 ドイツ
設立年 2017
創業者 Lubomila Jordanova, Nathan Bonnisseau
Plan A(プランエー)は温室効果ガスの測定、監視、削減、報告をするソフトウェアを開発しています。

EmitWise(エミットワイズ)

本社所在地 イギリス
設立年 2019年
創業者 Mauro Cozzi、Eduardo Gomez、Ben Peddie
EmitWise(エミットワイズ)は、カーボンフットプリントの管理とモニタリングの自動化ソリューションを提供しています。

Carbon Analytics(カーボンアナリティクス)

本社所在地 イギリス
設立年 2013年
創業者 Michael Thornton、James Tilbury、Greg FitzGerald
カーボンアナリティクスは、排出量管理のためのソフトウェアプラットフォームを提供し、企業の炭素排出量の分析を行います。

Carbonstop(カーボンストップ)

本社所在地 中国
設立年 2011年
創業者 Luhui Yan
カーボンストップは、炭素排出量管理ソリューションを提供しています。

Carbon Base(カーボンベース)

本社所在地 香港
設立年 2020年
創業者 宋邁思
カーボンアカウンティングアプリを通じて企業のカーボンニュートラルの実現に向けたサービスを提供しています。

Sinai

本社所在地 米国
設立年 2017年
創業者 Maria Fujihara、Alain Rodriguez
二酸化炭素の排出量を自動的に分析するプラットフォームを開発しています。

CarbonChain(カーボンチェーン)

本社所在地 イギリス
設立年 2019年
創業者 Adam Hearne、Roheet Shah
CarbonChain(カーボンチェーン)は、温室効果ガス排出係数のデータベースを通じて、炭素排出量測定のためのソリューションを提供しています。

Persefoni

本社所在地 米国
設立年 2020年
創業者 Kentaro Kawamori、Kim Stroh、Jason Offerman
Persefoniは、企業がカーボンフットプリントを簡単に測定し、報告することを可能にするサービスを提供しています。

カーボンアカウンティング分野に積極的に投資を行っている事業会社やベンチャーキャピタル

Y Combinator、Rice Investment Group、NGP Energy Technology Partners、Afore Capital、Abstract Ventures、Hillhouse Capital Group、Matrix Partners China、MassChallenge、Oxygen Accelerator、ArcTern Ventures、Social Impact Capital、True Ventures、SaltwaterといったVCや事業会社が投資を行っています。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。