運営会社

当メディアは、気軽にいつでも無料で利用でき、タイムリー独自視点分かりやすい業界分析の情報を、全ての人に提供するプラットフォームになることをミッションとしています。

当メディアを作った問題意識は、海外の人と比較したときに、日本の方の「情報力」の低下を、最近よく感じるからです。例えば、世界1位の鉄道車両会社は? 世界1位のタバコ会社は? 世界1位の化学メーカーは? 世界1位の代替肉のスタートアップは? といった、海外の人にとっては至極簡単な質問に、いったいどのくらいの日本人の方が正確に回答できるでしょうか? (正解は当メディアで検索をしてみてください!)

当メディアのもう一つの特徴は、データとテクノロジードリブンの業界分析を!をビジョンに掲げて、最新のテクノロジーを活用している点です。現状、約2500社のグローバル企業やスタートアップの最新情報を自動収集(リアルタイムカバレッジ)し、得られた最新のデータをもとに再現性や透明性のある業界分析をおこなっています。

ニューノーマル下で生まれたディールラボ株式会社は、柔軟なマネジメント&ワークスタイルで、まだまだ進化・深化します。カバレッジするグローバルの企業とスタートアップの数が1万社を超えた時点で正式ローンチする予定です。もう暫くお待ちください。

当サイトの業界シェアの情報が、下記サイトにて引用されています。他にも各種ブログやメディアサイトに続々と掲載や引用されています。
最近のニュース
  • 2020年12月
    業界分析データベースの「業界再編の動向」のベータ版をローンチしました。
  • 2021年1月
    市場シェアを分析している業界が250業界を超えました。
  • 2021年2月
    M&Aの対象となる候補企業が900社を超えました。
    市場シェアを分析している業界が290業界、1000社を超えました。
  • 2021年3月
    M&Aの対象となる候補企業が1000社を超えました。

    業界を再定義する有力スタートアップのカバーを開始しました。

  • 2021年4月
    リアルタイムカバレッジしているPEファンドが60社を超えました。
  • 2021年5月
    英語版を正式リリースしました。海外展開を加速します。
  • 2021年6月
    スタートアップ業界の資金調達累計額ランキングの分析を開始しました。

テクノロジーで最新の情報をリアルタイムカバレッジしても、業界の知見や経験を有する方の多角的な観点からの分析には、AI(人口知能)による分析ではまだ敵いません。
ディールラボでは、市場シェア、PEファンドやスタートアップの資金調達動向といった端緒から業界構造の変化の予兆を一緒に考えて頂けるプロフェッショナルオフィサーを募集中です。年齢性別不問です。

サポート頂いているプロフェッショナルオフィサー

Mさん(東京大学卒 海外大学院修了)、Aさん(慶應大学卒 同大学院修了)、Tさん(京都大学卒 同大学院修了)、Kさん(公認会計士)、ANさん(美大卒)など。

ディールラボで新しい一歩を踏み出しませんか?ご連絡お待ちしております。